目黒区Y様邸リフォーム完了お引き渡し

先日、目黒川の桜のことを

掲載したばかりでしたが

すでに青々とした葉がしげっていますね。

 

タイミングがずれて花見に行けなかったという方も

多いと思います・・・・

 

そんな方にはこんなモノはいかがでしょう?

「丸モ高木陶器」の「冷感桜 白平盃」という製品で

冷たい飲み物を注ぐと・・・

ぱぁーっと桜が咲くというものです。

プレゼントとしても喜ばれますね!

 

 

話は変わって・・・

目黒区Y様邸リフォームが完了お引き渡しとなりました。

 

出産を迎える娘さんが一時的に

戻られるとのことで、

キッチンを移動して

リビングを広くしたいとのご要望でした。

 

↓BEFORE

↓AFTER

カウンター上の食洗器が内蔵式になったのですっきり。

収納力も大幅にアップしたのでかなり使いやすくなりましたね。

↓キッチン工事に伴い間取りも変更。

部屋の奥まで日の光が届いて明るく、

そして広々使えるようになりました。

Y様ご家族より

「思っていた以上に良くなりました」との

嬉しいお言葉をいただきました。

 

元気な赤ちゃんが生まれたらぜひ

ご一報ください!

ぶらっと渋谷散歩。

次々と新しい施設がオープンして

話題になっている渋谷駅周辺を

先日、散歩してきました。

 

新都心線が学芸大学から新宿へと

直に行けるようになったことで

渋谷駅で降りるのは本当に久しぶりです。

 

↓こちらはミヤシタパーク(MIYASHITA PARK)

将来大人になったら行こうと思いながら

結局行った事が無い「のんべえ横丁」、

そこからのびる宮下公園にできた施設です。

全長330mからなる

公園、商業施設、ホテル、駐車場が

一体化した低層の複合施設となっています。

 

↓一階部分に飲食店。

ちょっと懐かしさを感じるような店構え。

↓2階、3階は雑貨屋さんやファッション関連と

多種多様なお店が並んでいます。

そして屋上は公園になっています。

ビーチバレーやボルダリング等のスポーツができます。

↓こちらは渋谷スクランブルスクエア

渋谷エリアで最も高い47階建て、

230メートルとなる展望施設、産業交流施設、

商業施設、オフィスで構成するビルです。

46階には新しいコンセプトの展望施設があるとの事

 

今度行ってみようかと思います。

 

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京

梅雨明け!の知らせが届いた途端

連日の夏日・・・マスクをしての外出は厳しいですね。

 

感染症に気を使わないといけませんが、

それ以上に「熱中症」に気を付けないと

いけませんね。

水分、塩分をとることはもちろん、

人が集まらないところでは、マスクを外すようにしたり、

暑さがこもらないマスクを選んだりしましょう。

 

私も休日など外を出歩くときは、

人が少ない夕方にしています。

 

という事でぶらり中目黒散歩・・・。

昨年オープンした

「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」に行ってきました。

 

オープン当初は話題となり

入場制限がされるほどでしたが、コロナの影響なのか

夕方だとそんなに混雑していません。

 

↓外観設計を手掛けたのは

日本を代表する建築家の隈研吾さん!です。

大きく張り出した「ひさし」が特徴的。

↓折り紙」をモチーフに設計した天井。

光と影が折り合い美しい空間を演出しています。

↓1階から4階までの吹き抜けを通る「銅のキャスク」。

職人の手作業による風合いが温かみを感じます。

桜の花びらは「目黒川の桜」をイメージしているとの事です。

↓ティーカップをイメージして

設計・制作された「ティーカップ ウォール」

建築を楽しみながらおいしいコーヒーを味わえる

おすすめスポットです。

NHKにて「体感 首都直下地震ウイーク」スタート。

NHKにて

12月2日午後4時4分にマグニチュード7.3の

地震が東京で発生したら!…という想定で、

その後何が起きるのかを、

ドラマ放送とデジタルサービスをつかって体感するというイベントがスタートします。

LINEに登録をすると

ドラマを見ながら、リアルタイムで情報が送られてくるという事で

実際に地震が起こった時のシュミレーションができると思います。

 

ドラマは本日の午後7時半よりスタート、

(以降3日(火)~8日(日)は午後10時より。)

ご家族でご覧ください!

お台場「チームラボボーダレス」に行ってきました。

前から行こう行こうと思っていた

お台場にある「チームラボボーダレス」に行ってきました。

 

テレビではたまに特集が組まれていて、

なるほど面白いなぁと思っていたのですが、

実際に体感すると今までのアミューズメント施設とは

全く別の面白さがあります。

 

地図が無く、境界の無い、

光と音で包まれた空間を自由に歩き回るという感じです。

(館内に地図らしきものはほとんど見られませんでした。)

 

↓壁、床、天井に映し出される様々な「花」の映像。

花が咲き乱れ、風に揺れて散っていきます。

↓「光」と「鏡」を使った空間。光の中に包まれている感覚になります。

↓広ーい空間に見えますが、鏡を使っています。

↓本物の「滝」に見えますね。映像なのに涼しさも感じます。

将来、こういう空間演出を住宅に取り入れたら、

家に居ながら旅行気分が味わええるかもしれません(笑

↓施設内のカフェにも光の演出。お茶の水面に花びらが映っていて、

カップを動かすと「花」が散っていきます。

流れる「音」も合わさってとてもリラックスできる空間となっています。

↓起伏にとんだ地形に水の流れる映像。手をかざすと流れを変える事ができます。

↓家を動かすとそれに合わせて「川」や「線路」が変わっていくブース。

子供たちに交じって大人もはしゃいでます(笑

↓こちらは自分で描いた魚等の絵を取り込んで、

映像の海で泳がす事ができるコーナー。個性あふれる魚たちが泳いでいます。

言葉で魅力を伝えるのが難しいですね・・・

とりあえずは実際に見て体感するのが一番、おススメです!

 

 

目黒川の桜が満開です。

寒い日が続きます・・・。

今年の「桜」は寒さが続いているせいで、

咲いている期間が長いみたいですね、

 

そのおかげでタイミングを併せて

「目黒川の桜」を見る事ができました。

 

↓昨年は夜桜見物でしたが今回は昼間にお散歩。

↓所々、青い葉が出てきていますね。

花見の後に足を延ばして・・・

↓東京駅から歩いて数分「三菱一号館美術館」で

開催されている「ラファエル前派の軌跡展」へ。

ターナーを始めとして英国美術に多大な

影響を与えた絵画の展示の他、

弊社でもリフォームや新築の際、壁紙で使っている

「ウィリアムモリス」関係の展示もあります。

↓目黒区K様邸で使用した「ウィリアムモリス」の壁紙。

 

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段2018」

目黒雅叙園にて開催されている

「和のあかり×百段階段2018」に行ってきました。

 

「百段階段」とは通称で、

雅叙園東京の前身、目黒雅叙園3号館にあたり、

1935年に建てられた木造建築で、

都の指定有形文化財となっています。

↓部屋に入るとドーンと「ねぶた」が!

水面(大理石?)に映る姿もあって迫力がありますね。

↓照明作家さん達の作品群が、各部屋が

幻想的な空間となっています。

↓個人的にスゴイ!と思った作品。

リングの中に自然の情景がおさめられている・・・

というか凝縮されています。

9月2日(日)まで開催されているので、

ご興味のある方は足を運んでみて下さい。

 

そしてこの「和のあかり×百段階段」の

企画、作品出品されている照明作家の

Feel Lab代表 弦間康仁さんの招待で

同時開催されている

「和のあかり大茶会 ~oo-sanoe~ちょこっとゆらぐ茶会」

に参加させていただきました。

 

雅叙園内にある料亭『渡風亭』、

この料亭内に知られざる茶室「柏寿庵」。

知られざるというのも

今まで公開されていなかった茶室なんですね。

弦間さんが照明コーディネートをされた

この茶室でお茶を楽しむというイベントです。

 

↓茶人「武井宗道」。

お茶の楽しみ方から、茶室の歴史をお話しいただけました。

↓冷水を飲む「枡」にも灯りのしかけが!

枡を傾けると底面からうっすらと灯りが漏れます。

文化とハイテクの融合ですね!

↓空間のテーマは「夏の夕暮れと陰翳」

こちらは夏の木漏れ日を表現しています。

薄暗い茶室を映し出す灯り。

幻想的で落ち着いた空間となっています。

楽しみながら、

住まいの空間演出にも活かせる勉強になるイベントでした。

 

京都にて研修~現場パトロール!

LIXILリフォームショップの研修で

京都~琵琶湖に1泊で行ってきました。

東京より幾分寒いかなと思い、

冬山登山に着るようなダウンを

着ていったのですが、大げさでした・・・

汗をかきながら移動していました。

研修なので観光する時間は、

ほとんど無かったのですが、

折角の京都!なので「東本願寺」へ行ってきました。

当日は平日な上に雪。観光客も少なかったので

じっくりと拝観する事ができました。

↓こちらは御影堂。間口76m・奥行き58mであり、

建築面積において世界最大の木造建築物と言われています。

(現代建築を併せるとスペインのメトロポールパラソルが世界最大との事。)

↓太い柱、この大きな屋根、瓦の重量を支えるには必要な太さですね。

↓阿弥陀堂からの景色。雪が降っていたので「絵」になりますね。

1泊2日の旅?の余韻も関係なく現場は元気に動いています。

帰る間もなく現場パトロール!

↓こちらは全16部屋リノベーション中の大田区Kビルの外装工事のスタート。

まずは足場工事。1階に保育園、2階にお医者さんと人の出入りが多いので

ガードマンを多数配置して慎重に工事を進めています。

↓建物は築30年6階建ての鉄筋コンクリート造。

↓正面は国道、裏手は鉄道線路になっているので、

着工前に様々な申請が必要な現場です。

↓こちらは世田谷区W様邸。木造3階建ての外装工事。

モルタル外装面にクラック(ヒビ)が多く見られましたが、綺麗に修復できました。

↓「ZENKOの家」の新築工事がスタートする、目黒区K様邸の解体工事。

連棟で建てられていたのですが、切り離しも綺麗に完了。

↓こちらは目黒区S様邸、車庫のゲート工事。

車の出入り時に大変ご苦労されていましたが・・・。

↓電動のシャッターゲートにさせていただきました。

リモコンで開け閉めできるのでかなりラクチンになりますね。

↓こちらは目黒区Hマンションの駐輪場屋根。

屋根が雹(ひょう)で割れたので、

補修と共に大きくしてほしいとのご要望。

↓見た目格好良く、塗装工事の心配が無くなるとの事で

アルミ製のサイクルポート(リクシル フーゴミニ)をご提案させていただきました。

研修で出ていてもこれだけの現場が順調に動いているのは、

職人さん達の力ももちろんですが、IT技術の恩恵も大きいですね!

 

本日より通常営業です!その2

夏季休暇後半は近場で・・・映画三昧!

 

人気漫画が原作の邦画「ジョジョの奇妙な冒険」、

 

お馴染みトムクルーズ大活躍の「ザ・マミー」

 

三度目のリメイク「スパイダーマンホームカミング」を鑑賞。

 

そして目黒にある「雅叙園東京」にて開催されているイベント、

 

和のあかり×百段階段展2017に行ってきました。

 

 

「雅叙園」は何度も行っているのですが、

 

百段階段を見るのが今回が初めて。

 

「百段階段」とは通称で、

 

雅叙園東京の前身、目黒雅叙園3号館にあたり、

 

1935年に建てられた木造建築で、

 

都の指定有形文化財となっています。

 

↓部屋に入るとドーンと「ねぶた」が!

すごい迫力ですね。

↓こちらの部屋では芝生が敷いてありお庭にいるような雰囲気。

↓照明作家さん達の作品群が、各お部屋を彩ります。

↓こちらはプロジェクションマッピングだと思うのですが、

陶器に映し出される人物が動きます。(話のオチもあるのがスバラシイ。)

8月27日(日)まで開催されているので、

 

ご興味のある方は散歩がてら寄ってみてはいかがでしょうか?

 

↓そして最終日は・・・・夜から明け方までにかけ、

世田谷の某有名パン屋さんのシャッター交換工事をさせていただきました。

大工さんをはじめ職人さんお疲れ様でした!

(年中無休のお店なので夜間の工事となりました。)

 

 

本日より通常営業です!

夏季休暇が終了、本日より通常営業です。

 

皆様いかがお過ごしでしたか?

 

過ごしやすい気温でしたが、梅雨に戻ったような天気が続きましたね。

 

私はというと、パスポートのいらない海外旅行に行ってきました!

 

日本にいながらイギリスを体験できる

 

福島にある「ブリテッシュヒルズ」という所です。

 

1994年に神田語学大学を運営する学校法人左野学園により設立された施設で、

 

広大な敷地内には荘園領主の館(マナーハウス)を中心に

 

パブやティールーム、宿泊施設等があります。

 

当初、ここは語学研修の施設として利用される予定だったのですが

 

「英語を学ぶと言うことはイギリス文化を学ぶことに他ならない」という思いから

 

一般の宿泊客も入れるようになったとの事です。

 

上記の関係で施設のスタッフは外国の方が多く、

 

気軽に?英会話を楽しむことができます。

↓家具なども勿論、現地の物。実際に座ったりもできます。

↓当時の貴族の気分が体験できました。

↓食堂はまさに「ハリーポッター」の世界!

↓宿泊施設は実際にイギリスに建っていたものを移築したもので、

大工さんを始めとする職人さんも現地から来てもらったとの事、

びっくりですね。

↓宿泊施設内。

↓部屋に使われている、映画で見るような部屋の「鍵」!

ドラマや映画の撮影でも使われている所ですが、

 

以外に知られていない穴場スポット、おススメです!