品川区N様邸新築工事、上棟です!

品川区N様邸「ZENKOの家」が

上棟となりました!

 

K様邸は「ZENKOの家」の特徴である

高気密、高断熱、高耐震性能はもちろん、

高耐久屋根にホウ酸による防蟻剤と

長く住み継いでいける住まいです。

 

日が暮れるのが大分早くなりましたが、

弊社大工親子をはじめ力自慢の鳶さん達の

絶妙なチームワークで上棟が完了しました。

 

↓朝礼!

↓頑強なピン構造による梁部分、迫力があります!

↓上棟が完了し集合したところでピン打ち式。

おなじみ「ゴールデンハンマー」にて・・・

ご家族に構造の要である「黄金 のピン」

を打っていただきました(ありがとうございました!)。

N様上棟おめでとうございます。

職人一同社員一同一丸となって

この町で一番の憩の住まいを目指します、

改めてよろしくお願いいたします!

年末進行!

まだ早い!・・・と思われる方も

多いと思いますが、

新築工事や大型リフォームは工事の期間が

2カ月~4カ月と長いので、気が付くと

年末になっています。

 

というわけで新築、大型リフォーム工事が

続々とスタートしています。

 

↓目黒区N様邸は杭工事~基礎工事がスタート。

杭は鋼管杭、画像でわかるようにごっつい!ですね。

↓当たり前のことですが丈夫な家には、頑強な地盤がセットです。

↓こちらは目黒区K様邸。

間取り変更のリフォームと外装工事がスタート。

外装工事は善光建設定番の屋根のカバー工法を採用。

 

↓BEFORE

↓AFTER

通常の屋根の4分の1の軽さに、

ガルバリウム鋼板を上回る耐久性を持つ鋼板に

セラミックコート石粒とアクリルコートでカバーされており

(超!)長期間美しさを保ちます。

台風などでめくれたり、物がぶつかったりしても割れず、

屋根全体が雪止めとなるので積雪にも強い特徴を持っています。

 

↓こちらはA様邸

築15年、弊社にて建てさせていただいたお住まいとなります。

(今見てもスタイリッシュ外観ですね!)

↓上記同様、屋根のカバー工法を採用した外装工事です。

↓こちらは目黒区I様邸

キッチンなどの水廻り交換、間取り変更と

新規バルコニーの設置をします。

↓こちらは目黒区S様邸。

サッシのカバー工法を採用したリフォーム。

↓BEFORE

↓施行精度が高くないとできない工事ですね、まさに職人!

↓解体などの工事が伴わないので

短期間で欄間(ランマ)を含めた窓サッシが新しくなります。

開閉のしやすさはもちろん「断熱性能」が

上がるので、冬の寒さが軽減されます。

 

 

 

「ZENKOの家」地盤調査。

朝夕と大分冷え込むようになりましたね、

半袖で現場廻りしているのですが、そろそろ長袖を

ひっぱりだそうかなと思います。

 

↓職人さんたちは涼しくなった分、動きやすくなったとの事。

ただ日が暮れるのが早い!

各邸、新築工事の解体及び地盤調査が

スタートしています。

建物の角となる4ヶ所、

中心を1ヶ所の計五点を調査していきます。

1ヶ所でも弱い箇所がある場合、

その部分だけを地盤補強をしても

不均等となってしまうために

全体に荷重が均一になるよう補強設計をしていきます。

 

地名などに「川」や「河」「沼」などがつく場合、

軟弱地盤となることが多く見受けられます。

建物をいくら頑強にしても

地盤が強くないと意味がありません、

 

強くて長持ちする家を造るには「地盤」から!ですね。

こだわり造作家具!

ミーンミーンからジーそしてカナカナカナ・・・

セミの鳴き声の移り変わりで夏の終わりを感じます。

小学生の時に母の実家の茨木や、父の実家の福島に

夏休みによく連れて行ってもらったのですが、

ヒグラシのカナカナカナという声を聴くと

「夏休みが終わっちゃう」と感じて寂しく思っていました・・・

というよりも宿題をやらなきゃ・・・の思いが強かったです(笑

 

目黒区のW様邸新築工事もクロス工事が終わり終盤、

造作家具が入りました!

使いかってを考慮し設計された、

壁全面をつかった造作家具です!

 

たくさんの工夫が詰め込まれた家具なので

いづれ当ブログで紹介しようと思います。

 

同時に家具職人さんに頼んだ私の造作家具も完成!

色々な家具屋さんを巡ったりしたのですが、

中々思うような使いかってやサイズが無いんですよね。

 

↓たくさんの「色」「質感」から選んだ面材。今回はグレーの面材を使用。

↓開くときの取っ手は無し、シンプルにしています、かっこいい・・・。

目黒区W様邸「将来の心配が無い住まい」LIXILスーパーウォール構造内覧会開催。

雨が続きますね、来週には梅雨明け!と

なってくれればいいのですが・・・。

 

こんな中でのイベントとなりますが、

今月18日(土)19日(日)と

目黒区W様邸にて

「ZENKOの家」LIXILスーパーウォールの

構造内覧会を開催させていただきます。

 

今回のテーマは

「将来の心配が無い住まい!」。

 

年々被害が増えている「大雨」や「台風」、

そして、いつ起こるかわからない「地震」に対する住まいの強さ。

 

いまだ収束の見えない感染症対策としての設備、

備蓄できる収納スペース、

自粛生活によるエネルギー消費を抑える気密断熱性能。

そして万が一、介護が必要な時期がきても

十分対応できる可変性のある住まいとなっています。

これから住まいづくりを考えている方にとって

構造の段階から見て体感する事ができる

内覧会となっています。ぜひご参加下さい!

 

今回の内覧会では感染症対策の為

1枠に1組限定の予約制となっております。

詳しくはトップページの「最新イベント情報」をご覧ください!

1年の折り返し、7月となりました。

1年の折り返し、7月となりました。

早いですね!うかうかしていると

アッと今に1年が過ぎてしまいます・・・。

 

本日より臨時休園となっていた、

ディズニーランド、ディズニーシーが営業再開

との事。待ちわびていた方も多いと思いますが、

混雑緩和と感染対策で入場制限を設けての再開、

通常再開はまだ先になりそうですね。

 

東京ではここ数日感染者数が50人前後で推移

しているので気を緩めず生活しましょう!

 

当たり前!と言われそうですが

梅雨に入ってから大分雨が続いていますね、

各現場も天気とにらめっこをしながらも順調に進んでいます。

 

↓築14年の鉄筋コンクリート造(RC造)

目黒区Vアパートの大規模改修工事。

足場が外れ新築同様の姿が現れました。

細かい部分のチェックと補修、敷地廻りの清掃で完了となります。

↓こちらは港区のK様邸、アパート併用住宅鉄骨造の外装工事。

足場が完了し、高圧洗浄、各所のチェックへと進みます。

↓屋根が「折板」と呼ばれるもので、

夏場、非常に暑いとの事で遮熱塗料を塗装します。

↓こちらは先日上棟した目黒区W様邸「ZENKOの家」、

上棟後すぐに屋根の防水ルーフィングを施工したので

雨続きでも職人さんたちがスムーズに作業を進めています。

↓こちらがリクシルの「スーパーウォールパネル」。

壁から屋根まで、このとんでもない厚さの断熱パネルで覆われます。

これから夏本番を迎えた時、職人さん達が家の中のすごしやすさに驚きます。(笑

目黒区W様邸スーパーウォール「ZENKOの家」上棟です!

お待たせしました目黒区W様邸

「ZENKOの家スーパーウォール」の上棟です!

 

梅雨真っただの中でしたが当日は晴れ、

暑さも多少和らいだ中での上棟となりました。

 

↓上棟前の安全確認!

↓頑強な「ピン構造」による躯体が次々建ちあがっていきます。

↓日本の耐震基準最高等級である「耐震等級3」。
さらに繰り返しの地震に強い「制震構造」となっています。

↓断熱気密性能も最高レベル「リクシルスーパーウォール」のパネル。

↓スーパーウォールの小屋裏パネル(天井の銀色になっているパネル)を

施工すると上からの日射による熱が緩和されるので涼しく感じます。

上棟が終了し集合したところでいよいよピン打ち式。

おなじみ「ゴールデンハンマー」にて「黄金のピン」

を打っていただきました(ありがとうございました!)。

この町で一番の「憩」の住まいを目指します、

改めてよろしくお願いいたします!

 

梅雨空が続きます。

どんよりした梅雨空が続きます、

雨と一緒にウイルスも流れてしまえー!

と思うのですが、そう簡単にはいきませんね。

(湿気で多少なりとも感染力は落ちるようですが・・・。)

 

このコロナ禍で延期していた、

昨年から今年にかけて新築をさせていただいた

お住まいの定期点検やメンテナンスを

すこしずつさせていただいております。

 

↓お引き渡し後の点検と共に、

手摺付けやカーテンレールの

取り付けなどの小工事や・・・。

↓キッチンやユニットバスの使い方、

手入れの仕方をリクシルの担当に

説明させていただいたり・・・。

お引き渡し後の設備の使いかってや、

住まい心地はこのコロナ禍の中では

メールや電話でしか聞けなかったのですが、

やっぱりご家族の元気な姿を見るのは

実際にお会いするのが一番!ですね。

夏日!

本日の最高気温は29度!夏日ですね。

マスクをして現場回りをしていると

汗がにじみ出てきます。

 

現場の職人さんたちも慣れているとはいえ、

マスクをしながらの作業なので、塩分補給用の飴等の

熱中症対策を進めています。

 

目黒区のW様邸「ZENKOの家」新築工事現場では、

JIO(日本住宅保証検査機構)による

地盤調査~地盤改良が完了、

 

↓地盤調査をもとに、鋼管杭を・・・。

↓重機で支持層まで打ち込んでいきます。

↓そして配筋工事~JIOによる配筋検査と順調に進行しています。

今月末には上棟となります。

 

目黒区K様邸「ZENKOの家」新築工事。お引き渡しです!

緊急事態宣言がようやく解除となり、

街は以前の様子を取り戻しつつありますが

安心・・・とまではいきません、

 

マスク着用、手洗い、アルコール消毒等の

対策は引き続き必要ですね、気を緩めず生活しましょう!

 

ただ、これから夏に向け

気温が上がって「熱中症」の危険があります。

水分の補給などの対策をとりましょう。

 

そんな中、目黒区K様邸「ZENKOの家」が

お引き渡しとなりました!

 

K様邸は昨年、ご兄弟様のお住まいを

2棟お引き渡しさせて頂いたその隣地となります。

 

「ZENKOの家」の特徴である

高気密、高断熱、高耐震性能

(国内最高等級である耐震等級3)はもちろん、

繰り返しの地震に強い「制震技術」を備えた

木造2階建てのお住まいです。

 

広々とした2階リビングにて

私と工事担当矢部のご挨拶に続き

着工から基礎工事、完成までの

スライドショーをご覧頂きました。

 

ピン打ち式や上棟等の

思い出深い画像が出るたびに一喜一憂。

そして手造りの花束贈呈。

 

K様より

「おかげさまで住み心地がいい家ができました!」

とのありがたいお言葉をいただきました。

 

K様この数カ月間 お疲れ様でした、

そして完成おめでとうございます!

季節の変わり目でのお引っ越しとなりますので

体調管理にお気を付け下さい!

 

新しいお住まいとともに

末長くお付き合いお願いいたします。

 

↓ちょっとだけですがご紹介させていただきます!

外観はシンプル、時代が変わっても飽きることのないデザイン。

↓玄関を入ると・・・。

↓すぐ横には土間つながりの大型オープンクローゼット。

たくさんの靴だけでなくコートやゴルフバックなども収納できます。

↓そして・・・玄関を上がったところにすぐに「手洗器」があります。

先日、全国の工務店が集まる会議

(対コロナウイルスを含めたこれからの住まいづくり)にて

事例を発表させていただいたのですが好評でした!

↓将来2つに分けることができるようにしています。

↓2階のドアには「ZENKOの家」でお馴染みの「フルハイトドア」を採用。

天井までのドアで空間の広がりと高級感を演出。

↓料理しやすく後片付けもラクラク!リクシルのキッチン「リシェル」。

↓1月に開催させていただき好評だった

「収納セミナー『片づく家』のつくり方」の

近藤典子さんが開発に携わった「ヴィータスパネル」を採用。

収納からワークスペースにしたりと、

使いかってを簡単に変えることができます。