目黒区Tマンション、RC造(築50年鉄筋コンクリート造)のリフォーム。

目黒区Tマンションのリフォームが

完了お引渡しとなりました。

築50年を超えるRC(鉄筋コンクリート)造の

マンションの賃貸部となります。

 

今回のリフォームでは

給排水、ガスなどの「管」を新しくする事に併せ、

年数を経た賃貸マンションでよく見られる

浴室とトイレが一緒で、洗面台が無し、

そして洗濯機は外という既存の間取りを

浴室とトイレを分離、洗面器を設置、

そして洗濯機を室内にするプランを提案させていただきました。

↓BEFORE

↓AFTER

全体のトーンをシンプルな「グレージュ」でまとめ

モダンな印象の室内となりました。

だいぶ秋らしい気候となりました。

大分秋らしい気候となりましたね!

近隣の現場は自転車で動いているので

とてもすがすがしい気分になります。

 

真夏の時は自転車で打ち合わせに

行くとシャツが汗でびしょびしょの

まま打ち合わせという事も多々ありました・・・。

 

各現場の職人さんたちも

動ききやすく仕事が捗っているようです。

 

↓今月上棟を迎える

大田区Dアパートでは基礎工事が進んでいます。

↓地盤改良工事。

↓JIO(日本住宅保証検査機構)による基礎配筋検査。

↓基礎コンクリート打設。

↓基礎のタテワク設置。

↓Nアパートでは杭工事。

↓こちらは地盤の支持層が深いところにあるため

このようなごつい鋼管の杭を打っていきます。

 

夏季休暇、街の散策。

連日記録を塗り替えるような猛暑でしたが

皆様、お盆はいかがお過ごしでしたか?

この暑さで

家でのんびりしていたという方も多いと思います。

 

私は昼間は読書などでゆったりすごして・・・

夜になると活動を開始するという

夜行性動物のような生活をしていました(笑

休みになるとついつい行ってしまう

↓お台場にてガンダムの立像を眺めながら散歩。

↓そして、今年の8月31日をもって閉館となる

デジタルアート ミュージアム

チームラボボーダレスに行ってきました。

 

今回は2度目の来訪ですが、やはり感動しますね。

壁全体に色とりどりの花が時間とともに変化していきます。

場内は地図が役に立たない迷路のような造りで、

2度目でも新たな発見があります。

↓音に合わせて、色とりどりの光が躍る空間。

↓鏡を使った果てしない光の空間。

↓そして横浜へ。

JR桜木町駅前と新港地区の運河パークとを結び、

街を高所から楽しみながら移動できる観光振興施設として

新設されたロープウェーに乗ってみました。

↓ロープウェーというと「山」ですが、

街中をゆったりと空中散歩というのもなかなか楽しいですね。

↓そのままガンダムめぐり。

↓ガンダム大地に立つ!

アニメを観て育った世代が技術者になり、

実際に動くガンダムを!という一念で完成したプロジェクト。

いつ見ても感動しますね。

という事でやったりと過ごした夏休みでした。

夏季休暇前・・・現場パトロール。熱中症注意報。

まだまだ暑い日が続きます!

各現場をまわる際、

職人さんに渡すべく「水」「麦茶」の他に

「塩飴」や「梅干し」を持ち歩いています。

大量に汗をかくと、体内の水分とともに

「塩分」や「ミネラル」も奪われます。

その時に水だけを飲んだのでは、

体液中の塩分濃度が下がってしまい、

身体が摂取した水を吸収できずに

そのまま尿としてでてしまい水分補給になりません。

皆様も外出する際はお気を付けください!

 

夏季休暇前という事で各現場パトロール

 

↓夏季休暇明けに基礎工事がスタートする

大田区Dアパートの地盤調査。

建物の角となる4ヶ所、

中心を1ヶ所の計五点を調査していきます。

1ヶ所でも弱い箇所がある場合、

その部分だけを地盤補強をしても

不均等となってしまうために

全体に荷重が均一になるよう補強設計をしていきます。

↓こちらはNアパートの解体が進んでいます。

↓こちらは屋根のカバーを伴ったK様邸、S様邸の外装工事が完了、

足場解体となります。

↓こちらは目黒区Tマンションのリフォーム。

築50年を超え古くなった「給排水管」の入れ替えを伴ったリフォーム。

解体工事が完了、給排水管の工事に入りました。

 

築年数のたったアパート、マンションで多い、

浴室、トイレが一室になっているところを別室に、

そして外にある洗濯機置場を室内に移動します。

ドラマ「魔法のリノベ」。

7月からスタートした

フジテレビのドラマ「魔法のリノベ」、

ご覧になった方も多いと思います。

 

主演は波留さん、間宮祥太郎さんという事で

かなり豪華。

舞台は「まるふく工務店」。

住宅リノベーションという「魔法」で

依頼人すら気が付いていない悩みや問題を

スカッと解決していくドラマとの事で

自分が主人公になったような気分で見ています。(勉強にもなります。)

 

背ドラマで使われているセットは、

システムキッチンやサッシ、インテリア建材など

「リクシル」が美術協力しているとの事です。

 

 

これからリフォームを考えている方にとっても、

参考になるドラマなのでぜひご覧いただければと思います!

夏の暑さ対策、LIXIL「スタイルシェード」。

まだまだ暑さが続きますね!

こんな時期に問い合わせが

増えるのが住まいの「暑さ対策」です。

 

特に今年は、在宅ワークの増加と、

毎月の電気代が高額になっている事が大きいようです。

 

暑くなってクーラーを使っているのに

部屋が全然冷えない!という方も多いと思います。

特に西日が当たる窓がある部屋は、

日の光だけでガンガン室温が上がっていきます。

そういう時は日本古来からある「よしづ」を付けたり

へちまなどを植え、日よけにする

「グリーンカーテン」をしたりする方法が有効です。

ただ、「よしづ」だとちょっとした風でバタバタしたり、

倒れたり、そして出し入れも面倒。

「グリーンカーテン」だと水をあげたり、

落ちた「葉」を掃除したりと手間がかかります。

↓「よしづ」。

 

そこでLIXIL「スタイルシェード」。

取付工事も簡単で、使わない時はロールカーテンのように

すっきり収納できます。

見た目もシンプルで暑さ対策にもってこいの製品です。

 

↓世田谷区K様邸にて施工。

今までは「よろづ」を立てかけていたのですが、

手間がかかるという事で

LIXIL「スタイルシェード」を取付けさせていただきました。

 

ここ数日の暑さで、早速冷房の効果が

かなり良くなったとの事です。

屋根のカバー工法。

暑い日が続きますね、

急激な暑さで体調を崩される方が多くみられます。

熱中症対策の水分補給はもちろんですが、

「塩分」の補給も忘れずにしましょう!

 

そんな中ですが現在、三棟の外装工事が進んでいます。

連休明けけにスタートした、

K様邸外装リフォーム工事では屋根のカバー工法がスタート。

↓既存屋根の雨どい、板金部分を外し、

防水紙(ルーフィング)の敷き込みをして、

善光建設の定番!高耐久屋根材を葺きます。

↓こちらは目黒区S様邸。

↓通常の屋根の4分の1の軽さに、ガルバリウム鋼板を上回る耐久性を持つ鋼板に

セラミックコート石粒とアクリルコートでカバーされており(超!)

長期間美しさを保ちます。

又、屋根全体が雪止めとなるので積雪にも強い特徴を持っています。

外装リフォームは様々工法の違いはありますが

弊社では外装工事時に共通の「ご提案」にて施工させていただいています。

それは「耐久性」はもちろんですが、

「住まい心地」と「省エネ」を取り入れた外装リフォームです。

 

外装のリフォームでは塗装や防水を施工するのが一般的です。

当たり前の事ですが見た目は綺麗になり、老朽化も防ぐ事ができます。

そこで屋根の塗装を「遮熱塗料」に変えたり、

今回の工事のように既存屋根に

新しい屋根をかぶせる「カバー工法」にすることにより

外から入ってくる熱を防いだり

家の中で使っている冷暖房のエネルギーの損失が少なくなります。

 

ちょっとしたことですが、住まい心地が大きく変わります。

こんな工事もやっています。

弊社では住宅の新築、リフォームが主ですが、

様々な工事を手掛けています。

 

↓今回はお弁当屋さんの厨房内の工事。

規模の拡大と共に厨房機器の入れ替えに伴う

水道、排水配管、電気設備工事です。

↓厨房のように油を大量に使用するところで

そのまま排水管に水を流してしまうと、管が詰まってしまうので

排水内の油分を分離するための「オイルトラップ(グリストラップ)」を

設置しました。

↓新たに設置した「回転釜」という調理器具。

給食室で見た!という方も多いと思います。

↓こちらは厨房内と配膳をする空間を分けるための厚手のビニルカーテンの設置。

万が一厨房機器が故障して、

入れ替えの際も柔軟に対応できるようにしました。

営業を止めることができないので、ほぼ分単位の行程でしたが、

弊社の誇る水道、電気のベテラン職人さん達のおかげで

無事工事が完了、お引渡しとなりました。

お疲れさまでした!

今年は猛暑!断熱リフォームで省エネ快適生活。

今年は猛暑!と報道されてなのか、

連日、住まいの断熱、遮熱に関しての相談が多いですね。

 

そんな中ですが、

目黒区M様邸の断熱改修リフォームが完了、お引渡しとなりました。

↓キッチンなどの水廻りの他、

 

↓1階は床からの冷え込みを軽減するために

リクシルの真空断熱材「ココエコ」、

↓2階の吹き抜け部分には断熱材による補強、

↓そして、ほぼすべてのサッシを

リクシルの「インプラス」「リプラス」を採用させていただきました。

住まいの断熱性能を上げることによって、

「省エネ」はもちろん、

温度差が少なくなり身体

への負担も少なくなります。

 

 

こどもみらい住宅支援事業を始めとする給付金を利用して

お得にリフォームしましょう!