二週連続の完成内覧会

二週続けて完成内覧会の現場は花冷えの中で開催されました。

花見を気にしながらでしたが、開花は少し延びそうです。

会場は日当たりが良く、ほんのりと暖かく暮しやすさが目に浮かびます。

昼過ぎには用意した履物が不足するぐらいの来場者に少ない人数での対応。

心残りの内覧会でした。

帰りは気になる蛇崩緑道の桜を見物。

寒さのせいか開花も三分位か、今週の土日は見物客で賑わうのでは・・。

 

 

 

彼岸前での墓参り

大分暖かくはなりましたが東北はまだ肌寒く感じます。

私にとっては恒例のお墓参りに出掛けてきました。

春特有のスギ花粉もラッキーな事にスルー出来ました。

今年は例年より花粉の量が多いと聞いて心配でしたが

気持ちよくお参りが出来最高。

「お彼岸にお墓参り」日本独特の様ですが、これが文化

ならいつまでも続けてほしいですね。

・・気持ちもスッキリしました。

 

帰りに矢板で高速を降り、いちご狩り。平日なので

ガラガラでした。

45分が持ち時間でしたが、15分でギブアップ、大粒の

「とちおとめ」は大きさと甘さが最高でした。

 

カラスが巣作り・・・

自宅の筋向いの電柱に2羽のカラスが巣作りを始めた。

器用に材料を組み合わせ

数日見ないうちに形が整い、巣作りも最終段階の様である。

近くに神社や公園があるのに、何故、人目に付くこの場所かは少し疑問ではあるが。

 

その疑問は、カラスと人間との距離が近すぎるという

違和感から来るものだったと思う。

 

その思いは的中。

 

近くを通る人が何気なく巣を見上げたり近づいたりすることで

カラスから威嚇や攻撃を受け危険、

との連絡を受けた役所の方が

撤去したそうです。

 

 

 

 

少し遅い新年会

 

少し遅い新年会が熱海温泉で行われました。

 

楽しい食事も終わり、酔い覚ましに入ったお風呂からは、

 

幻想的に見える新島、夢の中での一コマの様。

 

最近の熱海は市と住民との協力で観光客も増加してます。

 

翌日は早春の花畑で名の知れてる湯河原梅林に。

 

熱海梅園が有名ですが、個人的には自然に配し、山麓斜面に、

 

約4000本の紅梅や白梅が咲き誇る湯河原が心に迫ります。

 

麓には屋台も並び子供から大人まで楽しめますヨ・・。

 

ゴザまで用意されてるので酔って太陽の下、昼寝などはいかがでしょう。

 

 

 

弊社近くで構造内覧会を

「三寒四温」、この季節、早咲きの八重桜が蕾を膨らまし今日にも咲きそうな気配。

 

近くの街路時の写真です、少し写りが暗く分かりずらいかもしれません・・。

 

最近の暖かさは一気に春が来そうな感じもしますネ・・。

 

こんな中、来月2日は弊社の近くで構造内覧会を開催します。

 

今回は南道路に面し日当たりはバッチシ・ご夫婦の思いが詰まった

 

お住まいですが、ご夫婦のご厚意で内覧会を開催する事が出来ました。

 

この機会に是非ご参加いただければ嬉しいです。

 

雪の中での地鎮祭

ほとんどの予報が雪・・それも大雪との報道。

 

何時もは強気の監督も思案顔。

 

念の為、神主さんに連絡。

 

神主さん曰く、スタットレスタイヤがあるから大丈夫ですヨ・・。

 

これで決まり。

 

そう、本日は地鎮祭です。

 

都内で雪が降ることが珍しく、それに合わせたかのような地鎮祭。

 

そう考えると嬉しくなりますね。

 

お施主様も喜んでるかもしれませんネ・・・。

 

式の始まりは大雪の予感がしましたが終わり頃には雨に変わり、

 

何事も無く無事に終了しました。

 

 

駅前販売のカリスマ主婦

何気なく観たNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に

感動した記憶があります。

 

それが、駅前販売のカリスマ主婦・三浦由紀江氏でした。

 

今では、次々マスコミに取り上げられ

全国から講演依頼が後を絶たない程でご存知の方も多いと思います。

 

弊社社長も某新年会で公演を聞き、買い求めたのが

「時給800円から年商10億円の・・・」とのタイトル。

 

それを借りて読む。読むほどに面白くあっという間に読み終えてしまいました。

 

読んでて感心したのは

この人は他人より「見えないことが見え」「感じる事」を人一倍感じ、

仕事の採算性に結び付けるところ。

正にゲーム感覚である。

 

「七つの会議」を観てきました

 

待ちに待った映画、「七つの会議」が今月1日に上映が始まりました。

マスコミの取り上げも上々です。

 

人気作家の池井戸潤に主題歌はロック界を代表するボブ・ディランの

バラードが作品を盛り上げています。

 

主役の野村萬斎に香川照之。

他にも主役級の俳優が脇を固めています。

 

オーバーな演技が目立ちましたが、不良ネジ一つのテーマでこの様な

映画が生まれる。凄いですね。

 

数年前に野村萬斎さんの「のぼうの城」で小舟の中で踊る姿は今でも

脳裏に焼き付いています。

 

 

 

 

観光・・ネ。

年々訪日外国人が増え昨年は3,000万人を突破し

 

今年も強気の予想を立てています。

 

もう、昔の話になります。

 

友人と自分達の将来から日本の将来に話題が移りその中で

 

これからは少子化。

 

手間いらずの日本の四季を目玉に観光ですかね?。

 

その時は観光・・ネ。で、終わってしまいました。

 

今日の様に観光が外国人で活況を呈するとは、想像できませんでした。

 

 

観光の話題になると今でも当時の友人の顔が浮かんできます。