現場仕事:アパート改修工事Ⅰ

~11/14の七十二候:立冬・地始凍(大地が凍り始める頃)~

 

傾いた太陽に目が眩む、この季節。

朝の冷え込みと、日中の暖かさの温度差は未だ慣れません。

 

今回から何回かに分けて、アパート改修工事の様子をお送りして参ります。

 

 

 

①現場調査

 

どのような工事でも、基本的には現場調査をしてから御見積を作成します。

現状の間取りや状態を知る為には、実測が欠かせません。

間取りが違うのと同じように、お風呂やキッチン・洗面台などの設備も、

お家ごとに仕様が異なりますので、正確な見積にするために必要な手順です。

 

 

知らない間に追加料金が発生していて、当初の見積額から逸脱してしまった、

イメージ上の設備では寸法が合わず、入れることが出来なかった…

なんてトラブルも未然に防げます。

 

 

 

 

②図面作成

 

弊社では間取りの変更を伴うような、ある程度工事の範囲が大きなものは、

図面を起こすようにしております。

 

平面図に表すことで、ぱっと間取りのイメージが掴みやすくなり、

具体的な改装プランのご相談は勿論、お打合せの進行もスムーズになります。

 

忘れがちなコンセント位置もばっちりです(..’▽’)♪

 

 

 

 

③製品選定 (水廻り工事を含む場合)

 

住宅設備の中でも、特に重要な水廻り設備

(キッチン・ユニットバス)を交換する場合は、

ショールームに行かれることを推奨しております。

 

※イメージ図です

目に、手に触れて使用することの多い場所ですので、

実物サンプルや展示をご覧になった上で仕様を決めますと、

実際にお使いになられた時とのイメージの相違を減らすことが出来ます。

 

 

実際に工事を行う際には、上記①~③を、

お客様が納得されるまで、プランの検討・ご相談を重ね、

また工事中にも細かな仕様のお打合せをして改装を進めて参ります。

 

次回は実際の工事例を交えながら、

どのような手順で進んでいくのかを掲載していきます。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

現場仕事:浴室工事

~10/12の七十二候:寒露・鴻雁来(雁が飛んで来る頃)~

 

ようやく穏やかな気候になったかと思えば、今度は台風の報せが。

今年はどこを見渡しても荒波が押し寄せているようです。

 

世の流れに反し、記事の更新が随分と停滞してしまいましたが、

ありがたいことに工事のご依頼を多く頂き、現場も進行しております。

 

 

今回は、浴室交換工事の様子をお伝えして参ります。

 

 

こちらの現場は、調査に伺った際には既に下の階への漏水があり、

コーキングという防水処理を何度しても漏れている状態でした。

※写真はモノクロ加工してあります

 

このままでは建物の損傷にも繋がりかねないので、

従来の浴室からユニットバスに交換する運びとなりました。

 

 

 

いざ、工事開始です。

まずは既存設備が傷つかないよう、養生をしてから解体工事に入ります。

 

 

工事順として、解体→配管→ユニットバス組立→復旧作業

というのが常なのですが、今回の場合は漏水により一部傷みが

ありましたので、組立の前にしっかり補修工事を行いました。

 

 

その後はユニットバス組立、復旧工事と順調に進み、下駄箱も一新。

壁紙と床材も貼り替えて、長年の汚れとも、お別れです。

 

 

 

そして…

漏水の心配もない、快適なユニットバスになりました(..’▽’)♪

 

今回ご紹介した浴室工事は、1畳ほどの大きさのユニットバスですが、

どのような大きさの浴室でも、無料での御見積をしておりますので、

浴室の改装をお考えの際は、お気軽にご相談くださいませ。

 

あっという間に入社してから2年が経過し、遂に3年目に突入しました。

まだまだ落ち着く兆しもなく、一歩先すら見えないような世の中ですが、

道が見えない分、焦らず着実に踏み固めて参ります。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

夏季休業のお知らせ

~8/6の七十二候:大暑・大雨時行(時に大雨が降る頃)~

 

長雨が過ぎ去り、ようやく夏本番の日差しが降り注ぐようになりました。

晴れ渡る空と流れる雲を見ている分には心地良いですが

いざ外に出ると、早速雨天の涼しさが恋しくなってしまいますね。

 

弊社では、誠に勝手ながら、以下の期間を夏季休業とさせて頂きます。

 

【夏季休業期間】

2020年8月9日(日) ~2020年8月16日(日)

※2019年8月17日(月)からは通常通りの営業となります。

 

 

お客様各位には、何かと御迷惑、並びにご不便をお掛けいたしますが、

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

“特別な夏”と言われる今年のお盆休みですが…

既にお盆も過ぎた東京育ちとしては、帰省も何もありませんので、

溜まった埃を落としつつ、のんびりゆっくり過ごしたいと思います。

幼少期には“イナカ”という地名があるのかと思っていました((+_+))

 

それでは、良い“夏休み”をお過ごしください。

現場仕事:手すり取付工事Ⅰ

~7/27の七十二候:大暑・桐始結花(桐の実が生る頃)~

 

天候に翻弄され、時の気に脅かされ、築いてきた地盤さえ揺れ動くこの頃。

いつの時代も、疫病が蔓延した後に革新が起き、浅からぬ縁があるようです。

 

 

今回は、目黒区が行っている「介護保険住宅改修給付制度」を利用した場合の

手すり取付工事の手順を見ていきます。

 

 

①工事前申請

こちらの給付制度を利用するには、必ず事前申請が必要となります。

※今回の給付制度とは別に「自立支援住宅改修予防給付」というのもありますが、

そちらはまた日を改めてご紹介します。

 

 

申請には以下の書類一式が必要となります。

 

(1)介護保険住宅改修給付申請書

(2)住宅改修費理由書

(3)工事御見積書

(4)図面

(5)該当箇所の施工前写真

(6)住宅改修の承諾書(該当する場合)

 

(1)から順に、簡単にですが説明していきます。

 

 

(1)介護保険住宅改修給付申請書

申請者ご本人にご記入いただく書類のひとつです。

この給付の対象者は、認定を受けた方(要支援1~2/要介護1~5)ですので、

保険者番号や認定等級の記入が必須となっております。

※現在入院中の場合、ご記入頂く住所は入院前及び退院後に居住する住所です。

 

 

(2)住宅改修費理由書

こちらは担当ケアマネージャーさんなどに作成していただくもので、

「現状の問題点」並びに「設備導入による改善効果」を明記するものです。

 

 

(3)工事御見積書

工事種目(部品/工事費など)を細かく分割し、使用する製品の品番一つひとつを

こと細かに記した精細な御見積書を作成します。

 

 

(4)図面

工事前と工事後の2種類の図面が必要なのですが、手すり工事では、

位置や段差の高さを明記した平面図や立面図を作成します。

 

 

(5)該当箇所の施工前写真

メジャーやテープなどを用いて、大まかな位置と寸法が分かるよう、

また撮影日と工事名を書いた黒板も併せて撮影します。

1枚で収まらない場合は、何枚かに分けて撮影しても問題ありません。

 

 

(6)住宅改修の承諾書(該当する場合)

こちらは申請者の方と、お家の所有者が異なる場合に必要となるもので、

申請者と所有者が同一の場合は必要ございません。

 

 

今回、工事前に提出します書類関連について、ご説明いたしました。

次回は実際に、どのような図面や写真を用いているのかを掘り下げて参ります。

 

 

この日本でも、中々許容されなかった新たな業務形態やIT技術の導入が、

過去に類を見ない程、驚くべきスピードで進んでいます。

「通勤」や「会議」など、身近な言葉の意味が変わる日も、近いかもしれません。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

品目案内:サニージュ

~7/10の七十二候:小暑・温風至(暖かい風が吹いてくる頃)~

 

雲の切れ間もない程に、どんよりと分厚い雲で覆われている空模様は、

まるで雲行きが険しくなってきた東京そのものを体現しているかのようです。

 

雨の多い季節、外に洗濯物を干せずに、お家の中が何となく

湿っぽく感じることはないでしょうか。

 

今回はお問合せ頂くことも多い LIXIL製「サニージュ」について、

ほんの少しだけご案内していこうと思います。

 

 

サニージュは、屋外と屋内のちょうど中間にあたる位置づけです。

屋根の形状や窓タイプ、大きさなど、選択の幅は非常に幅広いので、

オーダーメイド感覚でお選びいただけます。

 

 

***

目にすること、触れることの多い床は3タイプから選択可能でして、

人工木の床材は年々積み重なる経年変化を楽しむ仕様なので、特にお勧めです。

 

***

天気のいい日は窓を開け、お部屋の一部として広々とした空間にしたり、

雨の日はお部屋の窓を閉め、独立した物干し室として使ったりと、

その時の状況によって使い分けることが出来ます。

 

***

こちらの取り付け工事期間はおおよそ2日程度で完了いたします。

中々外出できない今、少しだけ外に近付いた生活はいかがでしょうか。

 

弊社では引き続き、手洗いや消毒、マスクの着用を実行中です。

これから夏本番を迎えますが、マスクは喉の渇きを抑制するようなので、

水分補給をしっかりして、乗り切って参りましょう。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

設備小噺:トイレ形状

~6/25の七十二候:夏至・乃東枯(空穂草が枯れる頃)~

 

今年の梅雨は、わっと大粒が降ったかと思えば、静かに地面を濡らしたり、

纏わり付くような霧雨に変わったりと、同じ雨の予報でも随分表情豊かなようです。

 

前回腰掛トイレ(以下トイレ)交換工事の手順に僅かばかり掲載いたしましたが、

その中でも少し触れた「トイレの形状・種類」を掘り下げてみます。

 

トイレの形状は大きく3タイプに分かれていますので、順に見ていきましょう。

 

①タンク+便器+便座が分割されている

「組み合わせ」タイプ

(製品例:LIXIL→アメージュZ*TOTO→ピュアレスト 等)

トイレと言えば、この形状を思い浮かべるのではないでしょうか。

最も普及しているスタンダードな形状で、便座故障時は簡単に交換できる等、

機器のメンテナンス性が良い為、公共施設などで多く使用されています。

 

機器のメンテナンス性は高いものの、下記の一体型やタンクレスと比較しますと、

どうしても凹凸が多くなる都合上、お掃除の手間はかかります。

 

最新の機種ですと掃除しにくい便器のフチをなくした製品が多数ありますので、

既存トイレから最新のものに交換するだけでも、グンと清掃性が向上します。

 

 

 

②タンク・便座が一体形状の

「一体型」タイプ

(製品例:LIXIL→アメージュZA/プレアス*TOTO→GGシリーズ)

タンクと便座を一体成型することで凹凸が大幅に減少したタイプです。

タンク式なので、組み合わせタイプ同様トイレ上部に手洗い付も選択できます。

 

以前の組み合わせタイプだと小さなお子さんでは中々手が届かなかったり、

洗った時に水が跳ねてしまったりという問題がありました。

現在では深型ボウルで洗いやすく、また水ハネしにくい吐水位置の製品が

多数誕生し、お子様からご年配の方まで、安心してお使い頂けるタイプです。

 

手洗い形状が格段の進化を遂げたこのタイプは、トイレ内が狭い場合、

またトイレ内をすっきりさせたい、という方には特におすすめです。

(TOTO製GG、LIXIL製プレアスは、タンクレスと見紛うすっきり形状です!)

 

 

 

③タンクのない、便器と便座が一体の

「タンクレス」タイプ

(製品例:LIXIL→サティス*TOTO→ネオレスト)

ホテルや大型商業施設などでよく見る、タンクのないトイレの魅力は、

何と言ってもそのサイズと形状でしょう。

 

タンク式のものと比較しますと、タンクがない分、便座上部に空間ができ、

10㎝程出っ張りが小さいので、狭小空間を有効に使うことが可能です。

また、便座と便器が一体となった丸みのある形は凹凸が削がれているので、

清掃性が群を抜いて高いのが特徴です。

 

なお、マンションなどの高層階で水圧が弱い場合、水圧を上げる機器が

別途必要になることもありますので、取付けには注意が必要です。

 

 

この他、収納の有無やアクセサリー・機能などの組み合わせにより、

お好みのトイレ内カスタマイズが可能です。

 

一時期は完全停止していたトイレの生産ラインも、ようやく落ち着きを取り戻し、

6月に入ってから数台交換させていただきました。

この調子で、社会や生活が正常化していくことを願います。

(今月は一度しか更新が適わず…その分、濃い内容にした心算です(+_+))

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

現場仕事:トイレ交換工事

~5/27の七十二候:小満・紅花栄(紅花が咲きこぼれる頃)~

 

初夏の日差しが眩しく、動けば汗ばむ陽気となって参りました。

緊急事態宣言が解除された今、これからの行動の分岐点となってきそうです。

 

 

今回はトイレ交換工事の当日の工程をざっくりと追っていきます。

 

 

①既存トイレの撤去・配管

まずは古いトイレを取り外します。

順番としては、便座→タンク→便器です。トイレ交換工事の際は

水を止めての作業が2回ありまして、1回目はこの取り外しの時です。

 

トイレを外した後、給排水の配管作業に入ります。

現在のトイレは規格が決まっていますが、昔のものですと

排水管の位置がバラバラなので、それぞれに合わせて調整していきます。

 

 

蛇足ですが、便器とタンクが離れているタイプのトイレの漏水の原因で最も多いのが、

写真のように接合部が腐食して水漏れを引き起こしている例です。

便器の下ですので、水が漏れるまで腐食に気づきにくいことがあります。

 

 

 

②床張替、壁紙張替

同じメーカーでも改良が重ねられ、少しずつ便器の形状が変わっています。

最近では、お手入れのしやすさに着目したトイレが数多く出てきました。

(トイレ本体に関しましては、後日掲載を予定しております (^^)ノ!)

 

トイレのみの交換ですと、以前付いていた便器の汚れや跡が見えてくる場合が

ありますので、弊社ではトイレ交換と一緒に、クッションフロアと呼ばれる、

防水性能のある床材の張替などを御提案することも多いです。

 

 

 

③新規トイレ取り付け

綺麗に床や壁紙を張り替えた後は、いよいよトイレ本体の取り付けです。

こちらは取り外しとは逆の順番で、便器→タンク→便座になります。

 

ここで2度目の水を止める作業ですが、給水管を繋ぐので

先程よりも水が使えない時間が少し長くなります。

 

 

 

④(場合により)附帯工事

壁付リモコン操作の便座をお選びになったり、

トイレと一緒にペーパーホルダーを交換したりする際には

実際にお座り頂き、位置を確認してから取り付けていきます。

 

以上の流れで工事完了となります。

こちらの工事は規模にもよりますが、およそ1日で完了する工事です。

ご興味を持たれた方は、是非お声掛けくださいませ。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

休業日のお知らせ

~5/1の七十二候:穀雨・牡丹華(牡丹の花が咲く頃)~

 

穏やかな日差しとは裏腹に、不安の影が付いて回るこの頃。

終息を迎えた日には、世の中が良い方向に孵化することを願うばかりです。

 

弊社では、誠に勝手ながら、

以下の期間をゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

 

【ゴールデンウィーク休業期間】

2020年5月2日(土)~2020年5月6日(水)

※2020年5月7日(木)からは通常通りの営業となります。

 

緊急事態宣言発出後、営業時間の短縮・交代制勤務などでお客様には

ご不便・ご迷惑をおかけしておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

月1回のペースでお送りしてきましたが、2年目突入ということで、

月の更新回数を2倍にできるよう奮励して参ります。

無理のない範囲でガンバリマス((+_+))

設備小噺:雨戸・シャッター

~4/23の七十二候:穀雨・葭始生(葦が芽吹く頃)~

 

1日ごと、時間ごとに忙しなく移ろう気温や天気。

まるで目まぐるしく変化する世情を表しているようです。

 

先週末は1時間20㎜に迫る降水量で、まさに大荒れの空模様となりました。

昨年の大型台風を想起した方も多いのではないでしょうか。

 

台風被害の筆頭要因として、飛来物による家屋破損が挙げられますが、

特に弱い箇所とされるのは「窓ガラス」です。

 

ガラスは衝撃や局所的な圧力に弱いため、一度割れれば瞬く間に飛散し、

破片が鋭い凶器となって避難を妨げます。

 

 

また、割れた箇所から強風が室内に流入すると、空気圧が急激に高まります

 

基本的には、どの建物も外の風圧に耐える設計になっておりますが、

室内側からの風圧は想定されておりません

 

逃げ場のない空気が、圧力に弱い室内へ吹き上げることで屋根を飛ばし、

更なる飛来物を生み出す悪循環となるのです。

 

 

 

そこで、今回は一足早い台風対策として

「雨戸・シャッター」をご紹介いたします。

 

 

従来の音や光、風を遮る機能はそのまま、更に「耐風機能」を強化したものや、

雨風の中で窓を開けずに閉められる「電動式」などの機能を備えたものが誕生しています。

 

シャッターや雨戸が窓ガラスを守る頑強な防壁となり、

飛来物や強風を防ぐことで、家屋倒壊を未然に防ぐことができるのです。

 

 

冬にはガラスから熱が逃げることで窓際は特に冷え込みます。

服を重ね着すると暖かいのと同じように、

シャッター・雨戸を閉めれば空気の層が断熱材となり、防寒対策にも活用できます。

 

 

しかし、場所や用途によっては取り付けしづらい場合もあります。

その際はガラスの間に飛散・貫通を抑止するフィルムを挟んだ

防犯合わせ複層ガラスに交換したり、防犯フィルムを貼り付けたりしますと、

防犯性は勿論のこと、破片によるケガのリスクを低減できるのでおすすめです。

 

備えあれば憂いなし、とは言いますが、世の中の憂いは尽きないものです。

しかし大きな憂いは細分化して、一つずつ解決していくことができます。

今何ができるのか、また何に備えていくか、一つずつ考えていきましょう。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

設備小噺:洗面化粧台編Ⅰ

~3/10の七十二候:啓蟄・桃始笑(桃が咲き始める頃)~

 

今年に入り、コロナウイルスの影響は日増しに拡大しつつありますが、

弊社では手洗いと消毒の励行・マスクの着用をして予防に努めています。

 

 

他にも予防法がないものかと調べましたところ、

肺炎・風邪予防には食後の歯磨きが非常に有効とのことでした。

 

バイ菌が作る酸は歯を溶かすだけでなく、のど粘膜も壊してしまう為、

いかに粘膜(バリア)を正常に保ち、口内のバイ菌を減らすかが要のようです。

 

虫歯予防と、まさに一石二鳥ですね。

(ある老人ホームではインフル罹患率が80%も減少したとか)

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回は洗面化粧台のお話をしていきます。

 

洗面化粧台は何気なく使うことが多いものです。

 

この設備がない旅館などで過ごしてみますと、手を洗うことも、歯磨きも、

どことなく不便であったり、身支度に時間がかかったりします。

 

反対に、普段使わない方はホテルの快適さに驚くこともあるかもしれません。

 

 

最近では、賃貸でも洗面化粧台の有用性が浸透してきており、

前提条件にトイレ・バス別に併せて、洗面化粧台の有無を提示する方も多い為、

付加価値を高めて入居率の向上を図る手段としても確立されつつあります。

 

他の設備でも代用が利きそうな洗面化粧台ですが、

その実、複合的な役割を果たし生活効率の向上に一役買っているのです。

 

 

そこで、日常で無意識に使っている洗面化粧台の役割について、

改めて振り返ってみましょう。

 

 

*洗面化粧台の役割*

 

眠気覚ましの洗顔とヘアセット、帰宅して必ず行う手洗い・うがい、

食後の歯磨き、入浴後にはドライヤー…と結構な頻度で使用していますね。

 

使い心地のよい洗面空間とする為には、収納力がカギを握っており、

場所まで含めますと、他の設備以上に多彩な組み合わせとなるのですが、

こちらは次回お話する、設置場所と共に考察していければと思います。

 

3月も半ばですが、まだまだ寒暖差と乾燥の厳しい日々が続きますので、

どうぞ、お体に気を付けてお過ごしくださいませ。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。