棚の材料を集める

善光建設の池内です。

 

棚の材料は通販で購入できます。

 

たとえば、こちらのお店↓

IPC DIY Lab.

樹種、塗装が選べ、面取り、オーダーカットしてくれます。

 

 

こちらはトイレの例

 

 

ナチュラル・北欧テイストにするなら

淡い色味の木目と、白の金属の組み合わせを。

 


飾りと実用を兼ねて。お掃除シートは扉収納にしまい込まないのがラクです。

 

棚板は、オスモカラー塗装済みのパイン集成材

(厚み15mm幅600mm奥行250mm)1,155円。

 

面取り加工は、手作業でサンダーで削ってくれます。

1辺につき55円。

前面と左右の上辺で6カ所。

カットは幅600のまま、奥行240mm(無料)。

 

棚受けは、細いアイアンのホワイト

(180×90mm・専用ビス付)385円×2個。

 

 

 

こちらはキッチンの背面棚。

 


上段には割れものを置かないように気を付けています。
下段には、よく使う塩・胡椒・コーヒーカップなどを置くと便利です。

 

BRIWAX塗装済みのパイン集成材

(厚み18mm 幅900mm 奥行200mm)1,661円×2枚。

 

面取り加工は、前面と左右で8カ所×2枚。

カットはせずにそのままの大きさで。

 

棚受け(ブラケット)は

DULTONのお店、または

DULTONのオンラインショップでも購入できます。

 

キッチンはちょっとゴツい感じにしたかったので

弓矢モチーフのアイアン製ブラケットを選びました。

 

DULTON BOW BRACKET 12 ANTIQUE BLACK

 

インダストリアル、ヴィンテージ、ブルックリンスタイルが

好みの方におすすめです。

 

棚板の奥行きが200mmなので、140mmサイズで。

770円×4個。

見た目のバランスと強度を考えると棚板の7割ほどの長さがいいようです。

 

 

RSS  
RSS  
RSS  
  • エラーが発生しました。フィードの配信が停止している可能性があります。再度お試しください。
RSS