郡司 なつ 【賃貸管理担当】

「お電話でも、書類でも、新たな出会い・コミュニケーションを大切に。
お客様にも、社内のスタッフにも、良いサポート役になれればと思っています」

[所属・役職] 賃貸管理担当
[名前] 郡司 なつ (ぐんじなつ)
[ニックネーム]
[星座] おひつじ座
[血液型] B型
[出身] 京都府
[入社年月日] 平成17年12月
[資格・特技] 宅地建物取引士
[趣味・休日の過ごし方] 部屋の片づけ・整理。収納の本を読むのも好きで日々進化中です。
まとまった休みは家族でレジャーや旅行も大きな楽しみです。

賃貸担当 郡司奈都 インタビュー

仕事内容を教えてください。

善光建設の不動産、特に賃貸住宅の仕事をしています。

空室の募集・契約の仲介・退室時の精算・リフォーム工事の手配など賃貸管理全般ですね。
ちなみに “賃貸さんぽブログ”  のお部屋紹介は主に私が書いています。

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

小さい頃から家に携わる仕事をしたいなぁなんて、うっすら思ってました。学生時代も
近からず遠からずの勉強をしながらその想いは変わらず。
善光建設で働き始めたのは、平成12年からかな。
初めて社長にあった時、誠実で真面目な人だなと思って安心したのを
覚えています。ほら普通の人からすると、建築屋さんとか不動産屋さんって
恐いイメージありません?私もそうだったんですが、すごくソフトな社長。
銀行員みたいに真面目な方が出てきたので(笑)。
その後、出産とかもあって3,4年仕事をしていない時期もあったんですが、
改めて声を掛けていただいて…ブランクの後の今っていう感じですね。

「この仕事をやっててよかった」と思う瞬間は?

これが!っていうエピソードみないなものはないですけど、やっぱりお客さまの為になるように、また社内の助けになるよう心がけて仕事をしています。

新築も不動産もそうですけど家に携わるって “大きな仕事” じゃないですか。私はそのすべてをする役割じゃないけど、その隙間を埋めていくような仕事が出来ればと思っています。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

最初の頃は大変でしたね。賃貸は特にトラブルとかがありますからその対応とか。
でもそれは自然とうまくできるようになってきましたね。

 

社内でこれをやらせたら右に出るものはいない」ということはなんですか?

私、お客さまのお名前を覚えるのは得意なんですよ。
この人とはこういうことがあったとか記憶力。(一度も面識のない方のことでもよく覚えています)

一つひとつがお客さまとの出会いだと思って、電話でも書類でも名前を見たらなるべく覚えるようにしています。

お客さまも一生を懸けて建てる家ですから。
頼ってくれているのもわかりますし、ウチの現場もそれに応えるために本当に厳しくやっているのも見ているので、私もやらなきゃって。

少し余談ですが、実は私自身も自宅を善光建設でリフォームしてもらったんです。
長年雨漏りに悩まされていましたが、
本当に工事がきれいで仕上がりも丁寧でびっくりしちゃいました(笑)。
“これがプロの仕事だよ”って担当の矢部に言われちゃったですけど本当にそう!
その節はいろいろありがとうございました(笑)。

今後、仕事(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

これからも信頼される会社で感謝される仕事を続けていければなと。
私は賃貸を担当しているので、
オーナー様には稼働率100%の物件になるよう、
又、入居者様には魅力のある住まいを提供できるよう、
これからも勉強して新しい提案ができたらと思っています。

自分の役割としては、人の嫌がる仕事、隙間を埋めるような仕事をこれからもしていきたいなと思います。