カーペットの床

善光建設の池内です。

私が以前、住んでいた家は、
トイレと洗面所以外は
全室カーペット(絨毯)敷きの床でした。

キッチンの床も絨毯…。

きれいに暮らしたいので
そこにはコルク材のウッドカーペットを敷き
拭き掃除ができるようにしました。

絨毯は冬でもスリッパがいらず、暖か。
子どもが幼いときには
床に直接座る和室のような暮らし方もできて便利でした。
階下への衝撃音はもちろん
室内に響く音も吸収してくれていたような気がします。

このように、良いところもありますが
年を経て汚れが気になるようになり
カーペット全体のクリーニングをプロに依頼しようと思うと
これがなかなか難しい。

まずは部屋の家具をすべて移動させて
カラにしなければなりません。

洗浄剤を使うので
1日以上は十分に乾かし、
後日に家具を運び戻す必要があります。
乾く前に家具を置くと色移りや傷みなどが起こるからです。

ちょっとした引っ越しのようになってしまうので
たいへんです。
シミなどが気になる場合は
その部分だけ専用クリーナーなどで対処するのが
いいですね。

 

********************

しあわせな住まいづくりの道案内
善光建設株式会社

◇新築・リフォームのご相談は0120-972-912 またはこちらまでお気軽にどうぞ

◇善光建設の仕事ぶりはこちらで→社長ヒロタカのブログ『いいものさがし』

 

RSS  
RSS  
RSS  
  • エラーが発生しました。フィードの配信が停止している可能性があります。再度お試しください。
RSS