引っ越しいろいろ お風呂もいろいろ

善光建設の池内です。

 

最近、社内ではちょっとした引っ越しブーム(!?)が起きています。

私も例にもれず…。

10人中、4人が引っ越しです。

 

ササッとスマートにこなす者。

毎日、断捨離にいそしむ者。

引っ越し当日に寝込んでしまう者。。。

いろいろです。

 

転居前と転居後の住まいで

時を同じくして暮らしてみるという体験は

2種類の住宅設備の使い勝手を実感できるという点で

非常に意味のある貴重な経験となりました。

 

カタログやショールーム、メーカーの営業さんの話などから

知識を増やすことはできますが

住んで使ってこそ分かることがあります。

消費者目線で「本当のこと」が分かります。

 

一人のユーザーとして

「もっとこうだったらいいのにな~」

と思うところが多々ありますが

そもそもメーカーでそんな仕様は作っていない、とか

選べるんだけど予算が許さない、

という現実にもぶち当たります。

 

さて、洗面所と浴室の話。

 

私の場合、転居前も転居後も

まったく同じ、「15年前」に取り付けられた洗面台と浴室でした。

同じ古さであっても

ものすごく古ぼけてしまうものと

かなり新品に近いものと

製品によって差が出てくることを目の当たりにしました。

 

また間取りの面では意外にも50年くらい前の洗面脱衣室が

シンプルなただの四角形で

どんなに大きな洗濯機でも置けるし

自由に収納をレイアウトできて便利でした。

 

凝っていればいいとか

新しければいい

というわけでもなく

使い方、また使う人によっても

感じ方はいろいろ…ですね。

 

どんなに「良い」と思って導入した設備でも

実際に暮らし始めてみなければ分からないのは事実ですし

不満なものでもしばらく使えば慣れてしまうのかもしれませんが、

少しでも「がっかり」を減らすために

事前のリサーチや相談、ショールーム見学が重要です。

 

RSS  
RSS  
RSS  
  • エラーが発生しました。フィードの配信が停止している可能性があります。再度お試しください。
RSS