冷たさ美しきステンレス

善光建設の池内です。

 

キッチンのワークトップ(天板)といいますと

ステンレス・人工大理石・人造大理石・セラミックなど

それぞれに異なるメリットのある天板が

お好みに合わせて選べるようになっています。

 

 

なかでも私が心惹かれるのはステンレスです。

 

冷ややかな

飾り気のない

昔ながらのステンレス。

プロの厨房、ステンレス。

清潔で強くて、食器を落としても食器が割れない…

なのに数ある天板素材の中で、最も低価格です。

 

メーカーによって、表面加工はさまざま。

 

↑ L社 シルクエンボス

 

わが家はコレです。

つや消しの風合い、不規則なモヤモヤした模様が気に入っています。

特にていねいに使ったわけではないのですが、15年経っても傷が目立ちません。

(1カ所だけ、凹ませてしまいましたが…)

 

 

↑ L社 スムースドットエンボス

 

鍋などを置いてもドットの出っ張りで浮かせるので

傷が付きにくいエンボス加工です。

ドット同士の角度が60度になるように計算されていて

くぼみに入り込む汚れをふき取りやすくなっています。

 

 

↑ C社 ヘアライン加工

 

これぞステンレス!

という細いラインが美しい加工。

カッコいいキッチンにするならこれが理想です。

たとえキズだらけになったとしても

こんなキッチンを一度は使ってみたい。

 

 

↑ C社 バイブレーション加工

 

ドットのない平面でありながら傷の目立ちにくい加工。

すべてのいいとこどりといいましょうか。

高級キッチンでしかこれを選択できないのが玉に傷?

 

 

まずはショールームで実物に触れてみてください。

 

 

 

RSS  
RSS  
RSS  
  • エラーが発生しました。フィードの配信が停止している可能性があります。再度お試しください。
RSS