色にも温度があるんです

善光建設の池内です。

照明の色味には主に「昼白色」「温白色」「電球色」の3種類があります。

 

 

善光建設の事務所、デスク上の照明は…

 

 

↑「昼白色」。

青白い光で、いかにも事務所らしい明かりです。

 

 

光の色の度合いは「温度」で表します。

 

色温度の単位は「K(ケルビン)」といいまして、

数値が高いほど寒色系の色、低いほど暖色系の色です。

太陽光5000~6000Kに対し、夕日は2000K。

照明器具の色温度は、昼白色5000K、電球色2700Kです。

日中と夕方…と考えると分かりやすいですね。

 

昼白色は、すっきりとした明るさで、細かい文字がくっきり見えるので

勉強部屋や事務所に最適。

目が冴えて集中力が高まり、勉強や作業がはかどる光です。

 

 

 

↑ さて、一方こちらは「電球色」。

オレンジ色の光です。

 

ダイニングに使うと料理がおいしそうに見えます。

暖かみのある落ち着いた明かりなので

くつろぐための部屋、眠る前の時間帯に最適。

雰囲気のある空間を演出し、

心地よい眠りへといざなってくれます。

 

弊社では、なぜかコピー機をムーディーに照らしています。

 

 

 

そしてこの二つの中間にあたるのが「温白色」3500K。

↑ 弊社ではお客さまとの打ち合わせスペースがこの色です。

 

昼白色と電球色のいいとこどりです。

自然光に近い、ほどよい明るさで、まぶしすぎない色味。

食材の鮮度や、化粧・服の色を正しく認識できるので

キッチン、洗面所に適します。

 

以上3つの明かりの色を

生活のシーンに合わせて使い分けると

実用性が高く、健康にも良く、インテリアも映えます。

 

ぜひ取り入れてみてくださいね!