目黒区『光と風が心地よい家』構造見学会レポ

small_small_DSC03102
実際の部材を見ながら詳しくご説明させていただきました
small_small_DSC03091
外壁についてお話ししました
small_small_DSC03096
建物内は涼しく爽やかでした

 

2016年5月21日(土)22日(日)、
目黒区U様邸にて
『光と風が心地よい家』の
構造内覧会を開催させていただきました。

両日とも、もう夏が来たかと思うほどに暑い日だったのですが
建物内に入ってこられたご来場者様からは
「この中は涼しいね~」という声が聞かれました。

このように外の暑さをしっかり遮断できるのは
ZENKOの家が「魔法瓶の家」だからなんですね。

まずひとつには、
お家の外側を遮熱シート(タイベックシルバー)で
しっかりと包むこと。
そして、屋根材のすぐ下には通気層を設け、
内側からはウレタンで隙間なく断熱して、
空気の層を作ること。

私たちはこれを標準仕様としています。

また、「風の通り道」を考えて窓を配しているので
風が室内の空気を動かし
快適に暮らすことができるのです。

 

今回は、完成してからでは見えなくなってしまう
構造部分を皆様にご覧いただきながら
「ZENKOの家」の耐震性、断熱性について
詳しくご説明させていただきました。

次回、完成内覧会では
間取りや収納、水廻り設備などの実例をはじめ
照明の効果的な使い方も
実際の暮らしをイメージしながら
ご覧いただけます。
ご期待ください。

暑い中お越しいただいた皆さま、
そして、このような機会をくださったお施主さま、
本当にありがとうございました。

 

 

RSS  
RSS  
  • エラーが発生しました。フィードの配信が停止している可能性があります。再度お試しください。
RSS