大田区K様邸インタビュー

「なんか、他とちがうね。」 と。外の騒音が全然聞こえない。

 


 

〔インタビュアー〕 熊田 寛貴 (ヒロタカ) 〔お客様〕 ご主人奥様


ヒロタカ: 
早速ですが、お話伺えればと思います。 どんなきっかけで家を建てようと思ったんですか?

ご主人: 
賃貸に家賃払って住み続けても何も残らないよな、という考えは以前から持っていたんです。かなり早い段階で…

 



ヒロタカ: 
ええ。

ご主人: 
結婚してすぐだったかな、家は借りるより買ったほうがいいんじゃないかとふたりで話していました。妻も同じように思っていたみたいで。

ヒロタカ: 
そうだったんですね。

ご主人: 
でも、まず一度は賃貸に住んでみよう、ということで住んでみたんです。
住んでみて、やっぱり買ったほうがいい、と確信しましたね。
同じ金額で、もっといい場所のもっといい家に住めるだろうと思ったので、建売、マンション、新築から中古物件まで全部見ました。
でも、自分たちにちょうどいい「これ」っていうのはなかったんです。

ヒロタカ: 
そんな中、住まいにはどんな理想をお持ちでしたか。

奥様: 
寒くなくて使いやすいこと!(笑)

ご主人: 
以前、妻が住んでいた家が建築家の方が設計した家で、デザインは洗練されているんだけど、寒い!暑い!空調が効かない!(笑)

ヒロタカ: 
なるほど(笑)

奥様: 
結局、住みやすくて使いやすいのがいちばんだな、と。

工務店選び、狭小地。決まった土地の広さを如何に活かせるかに悩みました。



ヒロタカ: 
家を建てようと決心されてから、何か悩んだことなどはありましたか?

ご主人: 
まず、土地はもうこのスペースって決まってるでしょ。
まぁ、広くはないんでね。ハウスメーカーじゃ自分たちの思い通りにはならないだろうな、という先入観はもともと持っていました。
だから、狭小地の家を建てた実績が多い工務店さん、というのは優先順位の非常に高いところにあったんです。

もう一つのポイントは、地域密着型の工務店さんであること。『手広く』じゃなくて、いかに地域に根付いているか。
その二つの軸で探しました。

ヒロタカ: 
はい。

ご主人: 
そのあとで、それぞれがどんな家づくりをしているかを見ていきました。

使いやすく、住み心地が良く、という条件で見ていくと、高気密・高断熱のつくりで建てている工務店に絞られてくるんですよね。
善光建設さんのホームページに「大田区糀谷で完成見学会がある」って書いてあったので、行ってみたんです。

そのときは善光建設さんのこと、まったく知らなかったんですけどね。
行ってみたら、「なんか、他とちがうね。」 と。外の騒音が全然聞こえないっていうのにすごくびっくりしました。
それで、「やっぱり高気密・高断熱がいいね。」 と確信したんです。
高気密・高断熱を謳っている工務店をピックアップしていった中で、善光建設さんにお願いすることに決めました。

 

1センチ、2センチのせめぎ合い。 「熊谷さん、かなり苦労されたみたい(笑)」



奥様: 
熊谷さんが設計にかなり苦労されたみたいですよね。(笑)
間取りを作る前に土地を購入してしまったので、「こうしたい」 という思いと土地のいろんな制限とがぶつかり合って。1センチ2センチのせめぎ合いでしたね。
ちょっとした角度にも気を使って考えていただけたのが、すごくありがたかったです。

ヒロタカ: 
内覧会でご覧になったあと、「よし、ここにしよう! 」 と思ってくださった理由は?

ご主人: 
細かい要望…それこそ数センチ単位でも工夫してやってくれそうな、
そんな雰囲気が最初の打合せのときからありました。

ヒロタカ: 
ありがとうございます。

ご主人:
それから、実績は特に重視していたんですが、その点は目黒区周辺でだいぶ長くやってこられているということで充分信頼できましたね。コンスタントに無理なくやっているように見受けられたので。そういうことはいちばん大事だと思います。

 

「うわー、泣きたいくらい嬉しい言葉ですよ」



ヒロタカ: 
家を建ててみて、
「ここはこうすればよかったなー。」 
と思ったところはありますか?

ご主人: 
窓の位置がそこまで低くなくてよかったかな。窓の下にテレビを置くことは建てる前から決まっていたんですけど、思いのほかテレビが大きくて(笑)窓と重なっちゃってる。まぁ、特に問題はないですけどね。

奥様: 
あと、家を建てたのが、子どもが生まれる前だったんで、気づかなかったんですけど、今思えば 「子ども仕様」 みたいなものを考えたほうが良かったかな、と。今、腰高の飾り棚は全然使えてないんですよね。なんにも入れておけないんです。

ヒロタカ: 
Rくんが引っ張り出しちゃうんですか!?

奥様: 
そう。とにかく片っ端から出されちゃう(笑)。あと階段のところの窓は、ちょっと危ない位置だったかな。でも、そういうことって子どもが小さいうちのほんの数年なんですよね。

ヒロタカ: 
そうですね。きっと、あっという間に大きくなるでしょうね。


ご主人: 
でも実際こうすればよかった、なんていうのはあんまり思い浮かばないですね。
この限られた土地の広さに対して、できる限りのことはしてもらったなーと思ってますね。

ヒロタカ: 
うわー! 泣きそうになるくらい嬉しい言葉ですよ。
…本当にいい家ですよね。今日、外から見ていて当時のこと思い出してたんです。雨樋のところで苦労したなーとか(笑)

 

住んでみての感想はいかがでしょうか?


ヒロタカ: 
住んでみての感想はいかがでしょうか?

ご主人: 
満足度が非常に高いです。

奥様: 
やっぱり、冬はあったかいですよ。夏も思ったより涼しくて。
冷房もよく効くので、結局このエアコン一台でまかなってるんです。
断熱性の高いガラスを入れてもらったから、窓の断熱もけっこう効いているみたい。

   

ヒロタカ: 
ご主人が、エクセルで断熱数値の表を作って比較されたり、間取りもご自分でパソコンで作ったり。
すごく意欲的に取り組んでいらっしゃいましたよね。

ご主人: 
こちらの持ち込むデータを一緒に見ながら打ち合わせしてもらって。善光さんには希望を伝えやすかったんですよね。

奥様: 
デザイン的なところでは床にこだわりました。
チークの無垢材で、子どもがガンガンやるんで凹みますけど、汚れも傷もそんなに目立たないんです。
ちょっと褪せてたんですけど、ワックス塗りなおしたらいい色になって感じが良くなりました。感触もいいです。

ヒロタカ: 
ありがとうございます。それでは最後の質問です。 善光建設で家を建てると幸せになりそうな人はどんな人でしょうか?

奥様: 
こういう家に住みたい、と具体的に希望を持っていて、それを伝えられる人だったら、思い通りの家が建てられると思います。
機能の面だけでいえば、「ぜんぶお任せします。」 っていうような人でも良い家ができると思います。

ヒロタカ: 
これから建てる人へのアドバイスをお願いします。

ご主人: 
家づくりは大変だったんですけど、本当にいっとき。かかっても2年くらいなものなので、頑張って!(笑)後悔のないように。

奥様: 
家を建てるとき、この子がいたら大変だっただろうな、って思います。やんちゃ盛りの子がいる時期と重なると本当に大変ですよ~。

 

 

RSS  
RSS  
RSS  
  • エラーが発生しました。フィードの配信が停止している可能性があります。再度お試しください。
RSS