目黒区S様邸インタビュー

 

 ―善光さんが、私たちのわがままを一番丁寧に聞いてくれました。―

 

ご主人:善光さんは妻の実家のご縁で知りました。とはいえ、一生の買い物なので他社さんも研究しましたね。いろいろ見に行ったけど、見せる所が決まっているからかな、なんか冷たいというか。善光さんはあたたかい人ばかりで、一つ一つの想いを全部聞いてくれて、すごく丁寧。他には無かったです。職人さんも人が良いし丁寧だし、こういう人達に建ててもらって良かったって思います。

奥様:他の会社さんは打合せや修正の回数に制限があったんですけど。建てる前ってなかなか空間のイメージとか付かないじゃないですか。でも、善光さんは対話を進めていく中で根気強くイメージを固めてくれたというか.…自分の理想を一緒につくってくれました。すごくご迷惑をおかけしましたよね(笑)

 

―私たちのちょっと先を行って、道案内してくれたという感じです。―

 

主人:私はどうも夢見がちというか、ビジュアルが良くてかっこよければという思いが先走っちゃって(笑)でも、実際生活したらどうなるのか、イメージさせてもらってすごく有難かったです。

奥様:家のことはお互い譲れないこともあったんですが、そんな時、善光さんに相談をすると、私たちのちょっと先を行って、お互いの願いが叶うような提案をしてくれて、まさに、道案内してくれたっていう感じです。

 

―住み始めてからも、楽しみがあるのが善光さんの家ですよね。―

 

ご主人:実はね、まだまだやりたいことがあるんですよ。ここをこうして、あそこをこうしてって・・・。

奥様:でも、この子たちが大きくなったらって話しているんだよね。善光さんには、将来的にも色々と変えられるようにつくってもらったし。

ご主人:ちょっと困ったことがあればすぐ相談できるのも良いですよね。つくって終わりだったら会社は楽だけど、アフターまでって逆にプレッシャーじゃないですか。地元密着で覚悟されているから出来ることですよね。これからもよろしくお願いします。