ステップ01 相談して方向性を決める

プロに相談するのは、
家を建てると決めた時でないといけないのではないか?

 

・・・それは、誤解です。

 

「何かお願いしないと善光さんに悪いと思って・・・」
初めて来社される多くのお客様がそんな風におっしゃいます。

いえいえ、それは誤解です。

 

むしろ、迷っている時にこそ、プロに相談して欲しい。

なぜなら、家を建てるべきか、やめるべきか? リフォームスべきか? 他の方法を探すべきか? 
そのスタートで間違った決断をしてしまうと、いくら良い家を建ててもお客様の幸せな暮らしをつくることができない、ということもあります。

 

建築業者の中には「お客様の決断ができたら、来社してください」というスタンスの会社もあるのも事実ですが、私どもはそれはプロとしての仕事を半分放棄しているとさえ思います。

 

すべてのお客様は「何もわからない」ところから始まります。
その第一歩を踏み出すために一番簡単なのは、プロに相談してその上で、ご家族で「自分たちはこうしたい!」という想いを固めていただくことだと思います。その方向性が見つかればより効率的に学ぶこともできますし、調べることだってできます。

 

 

私たちは、
いい家づくりをより効率的にするためにはまず、
何も決まっていない段階で一度プロに相談してみる。
ということが大事だと思っています。

 

善光建設では、ZENKO-LO-HOUSEで、
はじめての方も安心して家づくりの相談ができる「住まいの相談会」を行っています。

そこでは、弊社の売り込みではなく、
お客様のご要望をお伺いをした上で、
「資金・資産・土地・住宅の設計」など様々な観点と、
これまで地元目黒で培ってきた事例などを交え、

ご家族が幸せに暮らすための、住まいづくりの道すじをご提案しています。

 

 

・何からはじめていけばいいかわからない

・いろいろな選択肢があって迷ってしまった

・家族内でも意見がわかれて、それぞれの要望を果たせる方法を見つけたい

 

という方は、ぜひ弊社LO-HOUSEに足をお運びください。

 

 

住まいの相談会のご予約はコチラ

 

 

RSS  
RSS  
RSS  
  • エラーが発生しました。フィードの配信が停止している可能性があります。再度お試しください。
RSS