vol.34 しっとりもっちりパン屋さん サンチノ

後引く美味しさ!ネーミングも楽しい♪

 最近オープンしたイオンスタイル碑文谷の中で、
自称スイーツ&パンマニアの私が
ダントツ気になったお店。
パン業界で有名な杉窪章匡シェフが
プロデュースしています。

 

 

〈左上〉プライスカードは、ハッシュタグ方式。具材などの情報がパッと目に飛び込んできます。〈中央上〉見た目どおり『野球帽』という名のパン。〈右〉『イワーシ』『ちくーわ』『ブラックホール』『豆腐屋サンチノ食パン』など気になる品名がたくさん。〈左下〉当店おすすめ『サンチノ』。〈中央下〉イラストはデザイナー堀道弘氏。レトロで味があります。3つのチノパンだから……なるほど!

 

 店名は「○○さん家の」とか「産地の」の意味だとか。店長の丸山さんは、パン職人歴15年。お話を伺うと、パンに対するあふれんばかりの想いが伝わってきます。私もパン作りにはまったことがあり、話は尽きませんでした。

 サンチノのパンの持ち味は「しっとり、もっちり」。その秘密は、「湯種」を使っているから。粉を熱湯で練ることでα化(糊化)を促し、より多くの水分を含ませています。その割合はなんと小麦粉10に対し、水12 (*o*) !! 生地が柔らかいので捏ねるのはコツが要り、包み込むように成型するそうです。

 食の安全に配慮して、パンから具材まで全て無添加。パンの大きさにもこだわり、小さめで食べ飽きないサイズに。でも後引く美味しさで私いくらでも食べられますが(笑) 。一番人気は『くるみあんぱん』とのこと。おすすめの一品は店名でもある『サンチノ』という食事パン。シンプルだからこそ食感と旨味を存分に味わえます。

 「おしゃれ過ぎず入りやすい店」というコンセプトどおり、どこか懐かしい駄菓子屋さんのような店内。パンのネーミングには思わず「クスッ」と笑みがこぼれます。美味しく楽しいパンの世界に、皆さまもぜひ!(2017.06)

 

お店について


 

サンチノ

学芸大学駅徒歩10分
目黒区碑文谷4-1-1 イオンスタイル碑文谷1F
tel.03-6303-4433
9:00~20:00

RSS  
RSS  
RSS  
  • エラーが発生しました。フィードの配信が停止している可能性があります。再度お試しください。
RSS