江戸時代から続いている村上市の伝統的な鮭塩引き

 

連休ボケが薄れて本格的に仕事モードに。

心配した緊急連絡もなく、まずは一安心。

 

連休は、機会があれば行きたかった新潟の村上市へ。

念願叶い出掛けて来ました。

ここでは鮭の腹を二段開きにし、頭を下に吊るし熟成。

シーズンは秋口から、塩引き鮭が約300mにわたって

町屋の軒下に吊り下げられる伝統的な風景を見ることが

できるそうです。

 

現在は観光客向けに通年見学が出来ます。

それにしても鮭の燻製には圧倒されます。

連休中も多くの人で賑わいを見せていました。

ここでも、日本の文化が鮭を通じて生き続けてる、嬉しくなります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA