現場仕事:アパート改修工事Ⅳ

~2/2の七十二候:大寒・鶏始乳(鶏が卵を産み始める頃)~

 

この数日は非常に強い風が吹いています。

近々、観測史上最も早い、冬の終わりを伝える春一番が訪れる予報も出ており、

木枯らしで冬が始まることからも「冬」の移り目には風がついて回るようです。

今年こそ、穏やかな「春」を迎えたいですね。

 

 

引き続きまして、実際の工事例を基に順を追って説明していきます。

 

(3)配管工事[給水・給湯]

 

従来は鉄管や銅管が主流でした。

金属製の宿命として、必ず腐食がついて回ります

この腐食が引き起こす最大の問題が「漏水」です。

 

漏水というと配管破裂や、切断等というイメージがあるかと思いますが、

その実、症例の多くが腐食による、小さな穿孔(=ピンホール)なのです。

針穴位の僅かな穿孔からでも、水が噴出します。

 

↑銅製の給湯管は要注意です↑

 

 

従来の金属管の弱点(腐食・可動域制限)を改善するために導入され、

現在主流となっている給水・給湯管はポリエチレン製で、

耐震性・耐食性に優れ、自在に動かせるものになっています。

 

 

 

***

 

 

 

一度漏水事故を起こしてしまうと、床を剥したり、天井を開けたり、

被害に遭った下階の復旧作業などの対応に追われることは勿論、金銭的にも

一大事になってしまいますので、今回は部屋内配管の総入替を行いました。

 

 

腐食していた旧配管が…

 

 

新しい配管になりました!

※青と赤の配管が新しくなった給水・給湯管です。

 

 

↑連結部も丈夫な樹脂製です!↑

 

以上、水廻りの配管工事でした(..’▽’)♪

次回は電気工事を御紹介して参ります。

 

空気が乾燥すればする程に、静電気との戦いが激化します。

調べたところ、帯電しやすい体質があるらしいので、もう諦めて

髪を逆立てつつ、音を立てて高電圧を流していくことにします。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

現場仕事:アパート改修工事Ⅲ

~1/8の七十二候:小寒・芹乃栄(芹がよく育つ頃)~

 

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

前回に引き続き、実際の工事例を基に順を追って説明していきます。

 

 

(3)配管工事[排水]

 

ご存知の通り、水は高→低に流れます。

しかし、滝の如く急転直下で真っ直ぐ水を流せる場所はそう多くないので、

基本的には川が流れるように、水が流れる為の傾斜(≒水勾配)をつけていきます。

 

 

さて、今回工事をするにあたり、オーナー様より

「水の流れが悪い」というご相談がありましたので、排水勾配を確認すると…

 

↑右の床-配管中心まで 約9㎝↑

 

↑左の床-配管中心まで約7.5㎝↑

 

写真にある排水の場合では、左側が高くなければならないのですが、

左側が大きく下がったことで、相対的に右側が高くなり、逆勾配になっていました。

これでは水が上手く流れず、大量に水を流せば逆流しかねません

 

 

集合住宅では、制限された高さの中で、なるだけ階数を多く、出来る限り

天井高確保の為、仕上げ床から構造床までの高さを低くしている場合も多いです。

今回は逆流防止策として、仕上げ床の高さを上げることで、勾配を確保します。

 

 

ということで、同じ箇所で再測定すると…

↑右の床-配管中心まで 約9㎝↑

 

↑左の床-配管中心まで約10.5㎝↑

 

今度はしっかり左側が高くなりました (..’▽’)♪

 

 

次回は給水・給湯の配管工事を御紹介して参ります。

 

年越しからお正月は家から一歩も出ずに過ごしました。

年末のM-1に続き、お正月には初笑いということで布団が飛び、東軍が勝つなど、

お笑いの特番が目白押しで顔が筋肉痛になりました。吊革はしっかり掴みます。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

年末年始休業日のお知らせ

~12/26の七十二候:冬至・乃東生(頃)~

 

暖かかった昨年と比較しますと、今年は冬らしく非常に寒いです。

気温が低いと、空気が含める水分量が減りますので、乾燥も強くなります。

マスクをして鼻や喉を労わっていきたいですね。

 

 

弊社では、誠に勝手ながら、以下の期間を年末年始休業とさせていただきます。

 

【年末年始休業期間】

2019年12月30日(水)~2020年1月6日(水)

※2020年1月7日(木)からは通常通りの営業となります。

 

 

お客様各位には、何かと御迷惑、並びにご不便をお掛けいたしますが、

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

年越しに何故か完全勝利する例の曲を流すのが通例になりました。

お正月よりも、大晦日の雰囲気の方が好きです。

 

それでは、お家でゆったり良いお年をお過ごしくださいませ。

現場仕事:アパート改修工事Ⅱ

~12/4の七十二候:小雪・橘始黄(橘の実が黄色くなる頃)~

 

涼しく感じた風が、いつの間にか冷たい風になりました。

着々と冬の気配が近付いてきています。

 

前回の最後でお伝えした通り、実際の工事例を基に順を追って説明していきます。

 

 

(1)養生作業

 

解体工事に入る前に、養生をしていきます。

工事動線(通路)の他、マンション等の場合には、共用部の廊下なども

汚れや傷をつけないよう、しっかりシートやマットをはります。

 

 

(2)解体工事

 

いざ、工事開始です。

 

今回の例では、一度お部屋の中を空っぽにしてから配管含め新しく直していく、

「スケルトン工事」ですので、既存設備も床も全て解体します。

最初に取り掛かるのは、解体の中でも特に手間のかかる住宅設備の解体です。

(住宅設備≒キッチン・浴室・洗面台などの水廻り設備 他)

 

↑浴室解体後の様子です↑

 

↑間取りも変更するので、壁も撤去していきます↑

 

 

次は床の解体に取り掛かります。

大抵のマンションの場合、配管は自室の床下を通っていることが多く、

こちらも床下に設置してありました。

 

↑見えにくいですが一番下の円筒状のものが配管です↑

 

 

軽量鉄骨も撤去すれば…

 

 

解体工事完了です(..’▽’)♪

 

 

解体工事の後は、配管工事になるのですが、

こちらはまた次回ご紹介します。

 

四季があるのは日本の良い所ですが、個人的には夏も冬も苦手な為、

一年中秋であって欲しい…などと言ってもいられないので、

寒さに負けないよう、厚着をして乗り切ります。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

現場仕事:アパート改修工事Ⅰ

~11/14の七十二候:立冬・地始凍(大地が凍り始める頃)~

 

傾いた太陽に目が眩む、この季節。

朝の冷え込みと、日中の暖かさの温度差は未だ慣れません。

 

今回から何回かに分けて、アパート改修工事の様子をお送りして参ります。

 

 

 

①現場調査

 

どのような工事でも、基本的には現場調査をしてから御見積を作成します。

現状の間取りや状態を知る為には、実測が欠かせません。

間取りが違うのと同じように、お風呂やキッチン・洗面台などの設備も、

お家ごとに仕様が異なりますので、正確な見積にするために必要な手順です。

 

 

知らない間に追加料金が発生していて、当初の見積額から逸脱してしまった、

イメージ上の設備では寸法が合わず、入れることが出来なかった…

なんてトラブルも未然に防げます。

 

 

 

 

②図面作成

 

弊社では間取りの変更を伴うような、ある程度工事の範囲が大きなものは、

図面を起こすようにしております。

 

平面図に表すことで、ぱっと間取りのイメージが掴みやすくなり、

具体的な改装プランのご相談は勿論、お打合せの進行もスムーズになります。

 

忘れがちなコンセント位置もばっちりです(..’▽’)♪

 

 

 

 

③製品選定 (水廻り工事を含む場合)

 

住宅設備の中でも、特に重要な水廻り設備

(キッチン・ユニットバス)を交換する場合は、

ショールームに行かれることを推奨しております。

 

※イメージ図です

目に、手に触れて使用することの多い場所ですので、

実物サンプルや展示をご覧になった上で仕様を決めますと、

実際にお使いになられた時とのイメージの相違を減らすことが出来ます。

 

 

実際に工事を行う際には、上記①~③を、

お客様が納得されるまで、プランの検討・ご相談を重ね、

また工事中にも細かな仕様のお打合せをして改装を進めて参ります。

 

次回は実際の工事例を交えながら、

どのような手順で進んでいくのかを掲載していきます。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

現場仕事:浴室工事

~10/12の七十二候:寒露・鴻雁来(雁が飛んで来る頃)~

 

ようやく穏やかな気候になったかと思えば、今度は台風の報せが。

今年はどこを見渡しても荒波が押し寄せているようです。

 

世の流れに反し、記事の更新が随分と停滞してしまいましたが、

ありがたいことに工事のご依頼を多く頂き、現場も進行しております。

 

 

今回は、浴室交換工事の様子をお伝えして参ります。

 

 

こちらの現場は、調査に伺った際には既に下の階への漏水があり、

コーキングという防水処理を何度しても漏れている状態でした。

※写真はモノクロ加工してあります

 

このままでは建物の損傷にも繋がりかねないので、

従来の浴室からユニットバスに交換する運びとなりました。

 

 

 

いざ、工事開始です。

まずは既存設備が傷つかないよう、養生をしてから解体工事に入ります。

 

 

工事順として、解体→配管→ユニットバス組立→復旧作業

というのが常なのですが、今回の場合は漏水により一部傷みが

ありましたので、組立の前にしっかり補修工事を行いました。

 

 

その後はユニットバス組立、復旧工事と順調に進み、下駄箱も一新。

壁紙と床材も貼り替えて、長年の汚れとも、お別れです。

 

 

 

そして…

漏水の心配もない、快適なユニットバスになりました(..’▽’)♪

 

今回ご紹介した浴室工事は、1畳ほどの大きさのユニットバスですが、

どのような大きさの浴室でも、無料での御見積をしておりますので、

浴室の改装をお考えの際は、お気軽にご相談くださいませ。

 

あっという間に入社してから2年が経過し、遂に3年目に突入しました。

まだまだ落ち着く兆しもなく、一歩先すら見えないような世の中ですが、

道が見えない分、焦らず着実に踏み固めて参ります。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

夏季休業のお知らせ

~8/6の七十二候:大暑・大雨時行(時に大雨が降る頃)~

 

長雨が過ぎ去り、ようやく夏本番の日差しが降り注ぐようになりました。

晴れ渡る空と流れる雲を見ている分には心地良いですが

いざ外に出ると、早速雨天の涼しさが恋しくなってしまいますね。

 

弊社では、誠に勝手ながら、以下の期間を夏季休業とさせて頂きます。

 

【夏季休業期間】

2020年8月9日(日) ~2020年8月16日(日)

※2019年8月17日(月)からは通常通りの営業となります。

 

 

お客様各位には、何かと御迷惑、並びにご不便をお掛けいたしますが、

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

“特別な夏”と言われる今年のお盆休みですが…

既にお盆も過ぎた東京育ちとしては、帰省も何もありませんので、

溜まった埃を落としつつ、のんびりゆっくり過ごしたいと思います。

幼少期には“イナカ”という地名があるのかと思っていました((+_+))

 

それでは、良い“夏休み”をお過ごしください。

現場仕事:手すり取付工事Ⅰ

~7/27の七十二候:大暑・桐始結花(桐の実が生る頃)~

 

天候に翻弄され、時の気に脅かされ、築いてきた地盤さえ揺れ動くこの頃。

いつの時代も、疫病が蔓延した後に革新が起き、浅からぬ縁があるようです。

 

 

今回は、目黒区が行っている「介護保険住宅改修給付制度」を利用した場合の

手すり取付工事の手順を見ていきます。

 

 

①工事前申請

こちらの給付制度を利用するには、必ず事前申請が必要となります。

※今回の給付制度とは別に「自立支援住宅改修予防給付」というのもありますが、

そちらはまた日を改めてご紹介します。

 

 

申請には以下の書類一式が必要となります。

 

(1)介護保険住宅改修給付申請書

(2)住宅改修費理由書

(3)工事御見積書

(4)図面

(5)該当箇所の施工前写真

(6)住宅改修の承諾書(該当する場合)

 

(1)から順に、簡単にですが説明していきます。

 

 

(1)介護保険住宅改修給付申請書

申請者ご本人にご記入いただく書類のひとつです。

この給付の対象者は、認定を受けた方(要支援1~2/要介護1~5)ですので、

保険者番号や認定等級の記入が必須となっております。

※現在入院中の場合、ご記入頂く住所は入院前及び退院後に居住する住所です。

 

 

(2)住宅改修費理由書

こちらは担当ケアマネージャーさんなどに作成していただくもので、

「現状の問題点」並びに「設備導入による改善効果」を明記するものです。

 

 

(3)工事御見積書

工事種目(部品/工事費など)を細かく分割し、使用する製品の品番一つひとつを

こと細かに記した精細な御見積書を作成します。

 

 

(4)図面

工事前と工事後の2種類の図面が必要なのですが、手すり工事では、

位置や段差の高さを明記した平面図や立面図を作成します。

 

 

(5)該当箇所の施工前写真

メジャーやテープなどを用いて、大まかな位置と寸法が分かるよう、

また撮影日と工事名を書いた黒板も併せて撮影します。

1枚で収まらない場合は、何枚かに分けて撮影しても問題ありません。

 

 

(6)住宅改修の承諾書(該当する場合)

こちらは申請者の方と、お家の所有者が異なる場合に必要となるもので、

申請者と所有者が同一の場合は必要ございません。

 

 

今回、工事前に提出します書類関連について、ご説明いたしました。

次回は実際に、どのような図面や写真を用いているのかを掘り下げて参ります。

 

 

この日本でも、中々許容されなかった新たな業務形態やIT技術の導入が、

過去に類を見ない程、驚くべきスピードで進んでいます。

「通勤」や「会議」など、身近な言葉の意味が変わる日も、近いかもしれません。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

品目案内:サニージュ

~7/10の七十二候:小暑・温風至(暖かい風が吹いてくる頃)~

 

雲の切れ間もない程に、どんよりと分厚い雲で覆われている空模様は、

まるで雲行きが険しくなってきた東京そのものを体現しているかのようです。

 

雨の多い季節、外に洗濯物を干せずに、お家の中が何となく

湿っぽく感じることはないでしょうか。

 

今回はお問合せ頂くことも多い LIXIL製「サニージュ」について、

ほんの少しだけご案内していこうと思います。

 

 

サニージュは、屋外と屋内のちょうど中間にあたる位置づけです。

屋根の形状や窓タイプ、大きさなど、選択の幅は非常に幅広いので、

オーダーメイド感覚でお選びいただけます。

 

 

***

目にすること、触れることの多い床は3タイプから選択可能でして、

人工木の床材は年々積み重なる経年変化を楽しむ仕様なので、特にお勧めです。

 

***

天気のいい日は窓を開け、お部屋の一部として広々とした空間にしたり、

雨の日はお部屋の窓を閉め、独立した物干し室として使ったりと、

その時の状況によって使い分けることが出来ます。

 

***

こちらの取り付け工事期間はおおよそ2日程度で完了いたします。

中々外出できない今、少しだけ外に近付いた生活はいかがでしょうか。

 

弊社では引き続き、手洗いや消毒、マスクの着用を実行中です。

これから夏本番を迎えますが、マスクは喉の渇きを抑制するようなので、

水分補給をしっかりして、乗り切って参りましょう。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

設備小噺:トイレ形状

~6/25の七十二候:夏至・乃東枯(空穂草が枯れる頃)~

 

今年の梅雨は、わっと大粒が降ったかと思えば、静かに地面を濡らしたり、

纏わり付くような霧雨に変わったりと、同じ雨の予報でも随分表情豊かなようです。

 

前回腰掛トイレ(以下トイレ)交換工事の手順に僅かばかり掲載いたしましたが、

その中でも少し触れた「トイレの形状・種類」を掘り下げてみます。

 

トイレの形状は大きく3タイプに分かれていますので、順に見ていきましょう。

 

①タンク+便器+便座が分割されている

「組み合わせ」タイプ

(製品例:LIXIL→アメージュZ*TOTO→ピュアレスト 等)

トイレと言えば、この形状を思い浮かべるのではないでしょうか。

最も普及しているスタンダードな形状で、便座故障時は簡単に交換できる等、

機器のメンテナンス性が良い為、公共施設などで多く使用されています。

 

機器のメンテナンス性は高いものの、下記の一体型やタンクレスと比較しますと、

どうしても凹凸が多くなる都合上、お掃除の手間はかかります。

 

最新の機種ですと掃除しにくい便器のフチをなくした製品が多数ありますので、

既存トイレから最新のものに交換するだけでも、グンと清掃性が向上します。

 

 

 

②タンク・便座が一体形状の

「一体型」タイプ

(製品例:LIXIL→アメージュZA/プレアス*TOTO→GGシリーズ)

タンクと便座を一体成型することで凹凸が大幅に減少したタイプです。

タンク式なので、組み合わせタイプ同様トイレ上部に手洗い付も選択できます。

 

以前の組み合わせタイプだと小さなお子さんでは中々手が届かなかったり、

洗った時に水が跳ねてしまったりという問題がありました。

現在では深型ボウルで洗いやすく、また水ハネしにくい吐水位置の製品が

多数誕生し、お子様からご年配の方まで、安心してお使い頂けるタイプです。

 

手洗い形状が格段の進化を遂げたこのタイプは、トイレ内が狭い場合、

またトイレ内をすっきりさせたい、という方には特におすすめです。

(TOTO製GG、LIXIL製プレアスは、タンクレスと見紛うすっきり形状です!)

 

 

 

③タンクのない、便器と便座が一体の

「タンクレス」タイプ

(製品例:LIXIL→サティス*TOTO→ネオレスト)

ホテルや大型商業施設などでよく見る、タンクのないトイレの魅力は、

何と言ってもそのサイズと形状でしょう。

 

タンク式のものと比較しますと、タンクがない分、便座上部に空間ができ、

10㎝程出っ張りが小さいので、狭小空間を有効に使うことが可能です。

また、便座と便器が一体となった丸みのある形は凹凸が削がれているので、

清掃性が群を抜いて高いのが特徴です。

 

なお、マンションなどの高層階で水圧が弱い場合、水圧を上げる機器が

別途必要になることもありますので、取付けには注意が必要です。

 

 

この他、収納の有無やアクセサリー・機能などの組み合わせにより、

お好みのトイレ内カスタマイズが可能です。

 

一時期は完全停止していたトイレの生産ラインも、ようやく落ち着きを取り戻し、

6月に入ってから数台交換させていただきました。

この調子で、社会や生活が正常化していくことを願います。

(今月は一度しか更新が適わず…その分、濃い内容にした心算です(+_+))

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。