現場仕事:アパート改修Ⅶ

~6/19の七十二候:芒種・梅子黄(梅の実が熟れてくる頃)~

 

体を動かすと汗ばむ時期に差し掛かってきました。

日差しも強くなってきたので、帽子は欠かせません。

未だ風が涼しいのが、せめてもの救いですね。

 

引き続き、実際の工事例を基に説明していきます。

 

(6)造作工事

 

ユニットバスが入った後は、いよいよ大工さんの出番です。

ここからはダイジェスト(?)でお送りします。

 

 

↓床施工中↓

 

 

今回の床は「万協フロア」を施工いたしました。

こちらは支持脚を立てた後、厚みのある木質材を敷きこみ、

その上にベニヤ板・フローリングを張っていきます。

遮音性・耐震性等を確保しつつ、床下配管も自在に通せるのが魅力です。

 

 

 

↓壁造作中↓

 

 

段々とお部屋の雰囲気が見えてきました。

間仕切壁の他、スイッチや照明、コンセント、

棚などの位置を再確認しながら壁を作っていきます。

 

 

 

↓建具造作↓

 

 

以前は押入だった収納を、高さのあるクローゼットに。

すっきりした印象になり、収納力もばっちりです。

建具を入れる頃合いになると、工事も終盤という感じがしますね。

無事に収まり、ひと安心です*ଘ(੭๑❛ᴗ❛๑)੭* ੈ✩‧₊˚

 

以上、造作工事でした。

次回は仕上げ工事~完成までをご紹介します。

 

 

 

最近、絵を描き始めました。液タブを手に入れてからというもの、

今までの煩わしさが消え、その描きやすさに感動しております。

(大した腕前ではない為、代わりに見てきた紫陽花を載せておきます)

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA