現場仕事:アパート改修工事Ⅳ

~2/2の七十二候:大寒・鶏始乳(鶏が卵を産み始める頃)~

 

この数日は非常に強い風が吹いています。

近々、観測史上最も早い、冬の終わりを伝える春一番が訪れる予報も出ており、

木枯らしで冬が始まることからも「冬」の移り目には風がついて回るようです。

今年こそ、穏やかな「春」を迎えたいですね。

 

 

引き続きまして、実際の工事例を基に順を追って説明していきます。

 

(3)配管工事[給水・給湯]

 

従来は鉄管や銅管が主流でした。

金属製の宿命として、必ず腐食がついて回ります

この腐食が引き起こす最大の問題が「漏水」です。

 

漏水というと配管破裂や、切断等というイメージがあるかと思いますが、

その実、症例の多くが腐食による、小さな穿孔(=ピンホール)なのです。

針穴位の僅かな穿孔からでも、水が噴出します。

 

↑銅製の給湯管は要注意です↑

 

 

従来の金属管の弱点(腐食・可動域制限)を改善するために導入され、

現在主流となっている給水・給湯管はポリエチレン製で、

耐震性・耐食性に優れ、自在に動かせるものになっています。

 

 

 

***

 

 

 

一度漏水事故を起こしてしまうと、床を剥したり、天井を開けたり、

被害に遭った下階の復旧作業などの対応に追われることは勿論、金銭的にも

一大事になってしまいますので、今回は部屋内配管の総入替を行いました。

 

 

腐食していた旧配管が…

 

 

新しい配管になりました!

※青と赤の配管が新しくなった給水・給湯管です。

 

 

↑連結部も丈夫な樹脂製です!↑

 

以上、水廻りの配管工事でした(..’▽’)♪

次回は電気工事を御紹介して参ります。

 

空気が乾燥すればする程に、静電気との戦いが激化します。

調べたところ、帯電しやすい体質があるらしいので、もう諦めて

髪を逆立てつつ、音を立てて高電圧を流していくことにします。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA