設備小噺:トイレ形状

~6/25の七十二候:夏至・乃東枯(空穂草が枯れる頃)~

 

今年の梅雨は、わっと大粒が降ったかと思えば、静かに地面を濡らしたり、

纏わり付くような霧雨に変わったりと、同じ雨の予報でも随分表情豊かなようです。

 

前回腰掛トイレ(以下トイレ)交換工事の手順に僅かばかり掲載いたしましたが、

その中でも少し触れた「トイレの形状・種類」を掘り下げてみます。

 

トイレの形状は大きく3タイプに分かれていますので、順に見ていきましょう。

 

①タンク+便器+便座が分割されている

「組み合わせ」タイプ

(製品例:LIXIL→アメージュZ*TOTO→ピュアレスト 等)

トイレと言えば、この形状を思い浮かべるのではないでしょうか。

最も普及しているスタンダードな形状で、便座故障時は簡単に交換できる等、

機器のメンテナンス性が良い為、公共施設などで多く使用されています。

 

機器のメンテナンス性は高いものの、下記の一体型やタンクレスと比較しますと、

どうしても凹凸が多くなる都合上、お掃除の手間はかかります。

 

最新の機種ですと掃除しにくい便器のフチをなくした製品が多数ありますので、

既存トイレから最新のものに交換するだけでも、グンと清掃性が向上します。

 

 

 

②タンク・便座が一体形状の

「一体型」タイプ

(製品例:LIXIL→アメージュZA/プレアス*TOTO→GGシリーズ)

タンクと便座を一体成型することで凹凸が大幅に減少したタイプです。

タンク式なので、組み合わせタイプ同様トイレ上部に手洗い付も選択できます。

 

以前の組み合わせタイプだと小さなお子さんでは中々手が届かなかったり、

洗った時に水が跳ねてしまったりという問題がありました。

現在では深型ボウルで洗いやすく、また水ハネしにくい吐水位置の製品が

多数誕生し、お子様からご年配の方まで、安心してお使い頂けるタイプです。

 

手洗い形状が格段の進化を遂げたこのタイプは、トイレ内が狭い場合、

またトイレ内をすっきりさせたい、という方には特におすすめです。

(TOTO製GG、LIXIL製プレアスは、タンクレスと見紛うすっきり形状です!)

 

 

 

③タンクのない、便器と便座が一体の

「タンクレス」タイプ

(製品例:LIXIL→サティス*TOTO→ネオレスト)

ホテルや大型商業施設などでよく見る、タンクのないトイレの魅力は、

何と言ってもそのサイズと形状でしょう。

 

タンク式のものと比較しますと、タンクがない分、便座上部に空間ができ、

10㎝程出っ張りが小さいので、狭小空間を有効に使うことが可能です。

また、便座と便器が一体となった丸みのある形は凹凸が削がれているので、

清掃性が群を抜いて高いのが特徴です。

 

なお、マンションなどの高層階で水圧が弱い場合、水圧を上げる機器が

別途必要になることもありますので、取付けには注意が必要です。

 

 

この他、収納の有無やアクセサリー・機能などの組み合わせにより、

お好みのトイレ内カスタマイズが可能です。

 

一時期は完全停止していたトイレの生産ラインも、ようやく落ち着きを取り戻し、

6月に入ってから数台交換させていただきました。

この調子で、社会や生活が正常化していくことを願います。

(今月は一度しか更新が適わず…その分、濃い内容にした心算です(+_+))

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA