現場仕事:トイレ交換工事

~5/27の七十二候:小満・紅花栄(紅花が咲きこぼれる頃)~

 

初夏の日差しが眩しく、動けば汗ばむ陽気となって参りました。

緊急事態宣言が解除された今、これからの行動の分岐点となってきそうです。

 

 

今回はトイレ交換工事の当日の工程をざっくりと追っていきます。

 

 

①既存トイレの撤去・配管

まずは古いトイレを取り外します。

順番としては、便座→タンク→便器です。トイレ交換工事の際は

水を止めての作業が2回ありまして、1回目はこの取り外しの時です。

 

トイレを外した後、給排水の配管作業に入ります。

現在のトイレは規格が決まっていますが、昔のものですと

排水管の位置がバラバラなので、それぞれに合わせて調整していきます。

 

 

蛇足ですが、便器とタンクが離れているタイプのトイレの漏水の原因で最も多いのが、

写真のように接合部が腐食して水漏れを引き起こしている例です。

便器の下ですので、水が漏れるまで腐食に気づきにくいことがあります。

 

 

 

②床張替、壁紙張替

同じメーカーでも改良が重ねられ、少しずつ便器の形状が変わっています。

最近では、お手入れのしやすさに着目したトイレが数多く出てきました。

(トイレ本体に関しましては、後日掲載を予定しております (^^)ノ!)

 

トイレのみの交換ですと、以前付いていた便器の汚れや跡が見えてくる場合が

ありますので、弊社ではトイレ交換と一緒に、クッションフロアと呼ばれる、

防水性能のある床材の張替などを御提案することも多いです。

 

 

 

③新規トイレ取り付け

綺麗に床や壁紙を張り替えた後は、いよいよトイレ本体の取り付けです。

こちらは取り外しとは逆の順番で、便器→タンク→便座になります。

 

ここで2度目の水を止める作業ですが、給水管を繋ぐので

先程よりも水が使えない時間が少し長くなります。

 

 

 

④(場合により)附帯工事

壁付リモコン操作の便座をお選びになったり、

トイレと一緒にペーパーホルダーを交換したりする際には

実際にお座り頂き、位置を確認してから取り付けていきます。

 

以上の流れで工事完了となります。

こちらの工事は規模にもよりますが、およそ1日で完了する工事です。

ご興味を持たれた方は、是非お声掛けくださいませ。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA