現場仕事:養生編②作業工程

 

~6/13の七十二候:芒種・腐草為蛍(腐草が蛍になる頃)~

 

前回の予告通り、本項ではユニットバス交換やキッチン交換などの

中規模リフォームを想定した作業工程を述べていきます。

 

 

①家具・建具の移動

工事に向けて、安全な搬出入通路を確保するため、

まず工事着工前に改修箇所の整理をお願いしております。

 

※大きくて動かせない機器の移動などは弊社スタッフがお手伝い致します。

 

 

②床の養生

 

(1)緑の養生マット+スチロールシート

リフォーム工事の基本型です。丈夫なマットは撥水加工されている為、

万一水が垂れても安心です。また工具で床を傷めたりする心配もありません。

 

※廊下などには養生マット+厚めの紙ロールを使用することもあります。

 

(2)緑の養生マット+スチロールシート+ブルーシート

作業終了後、さっと剥がして細かな石や木片を片付けられるよう、

ユニットバス解体初日など廃材が多く出る日にブルーシートを貼っております。

 

(3)プラベニヤ+スチロールシート

緑の養生マットと比べて軽く、柔軟性のあるプラベニヤは入り組んだ床にも

応用が利きやすいので、狭い箇所の工事で行う方法です。

 

 

③壁・建具の養生

 

(1)プラベニヤ+スチロールシート

特にモノをぶつける可能性が高い箇所や搬出入の通路となるドアなどの建具には

背の高いプラベニヤを、床に近い面や下駄箱にはスチロールシートを貼ります。

 

(2)ポリシート

工事をしないお部屋や押入、玄関まわりには透明なシートをかけます。

工事で発生するホコリや木くずが入らないよう保護するのに最適です。

 

養生はお客様の大切なお家を守ると同時に、安全面でも重要な役割を持っており、

工事を効率的に進めるにも、なくてはならない工程なのです。

 

 

次回は養生編③と題しまして、実際の作業風景をお伝えできればと思います。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA